2015-10-01

手紙のチカラ

昨日はずっと大阪にいました。

 

横浜から和歌山に戻ってきて、
もう1年以上経ちました。

 

和歌山に戻ってきてすぐに思ったのは、
「やっぱり和歌山は田舎だな」と。

 

でも、不思議なもので、
1年もいると、慣れてしまうもんですね。

 

今は和歌山の良いところを探したり
しています。

 

住めば都、という良い言葉もありますが、
「慣れはコワイ」という風にも言えます。

 

日常の生活や仕事のリズムを
急に変えられないのはこういう事なのかな、と
自ら体験しました。

 

私がお付き合いしている美容室さんですが、
まず最初に提案することは、
失客の呼び戻しの作業です。

 

一番お金をかけず、
あなたのお店に収益をもたらして
くれるからです。

 

失客の方向けに3ステップでのDMを
やっていますが、

 

今その取り組みを行っている美容室の
オーナーさんから嬉しい知らせが
ありました。

 

 

「お店に来てほしいからDM送っただけなのに、
お客さんから、ありがとうの手紙が来た」

との事でした。

 

実は、ありがとうの手紙を受け取った美容室は
この1か月でも3件ありました。

 

手紙というのは、
本当にパワーがあります。

 

その人だけに向けて発信する事が出来るし、
受け取った側は、あなたの意図以上に、
お客さんが良い解釈をしてくれています。

 

「あー、覚えてくれているんだな」
「わざわざ手紙なんかくれて」

 

と、あなたの思いに反する良い反応が
帰ってきたりします。

 

 

お客さんには定期的に連絡を取ることは
とても重要です。

 

「心のつながり」は、
いつの時代も大切です。

 

あなたはお客さんという立場で、
どこかから手紙をもらったことは
ありませんか。

 

私は、この1年全く行ってない
服屋さんから、3か月に1回くらい、
キャンペーンのお知らせDMが
送られてきます。

 

しかも、それは東京のお店です。

 

申し訳ないな、と思い、
半年くらい前にそのお店に電話しました。

 

「田舎に引っ越しちゃったんですよー」と。

でも、その後も手紙をくれます。

 

私の頭の中の思いは、
「次回東京に行くとき、お店に寄ってみよう」

 

という感じになっています。

 

これが手紙のチカラなのでしょう。

 

もしあなたが、最近来ていないお客さんに
何のコンタクトも取っていないなら、
とてももったいないことをしているかも
しれませんよ。

 

手紙は、とてもパワーがあります。

 

朝から晩まで、時間がフルに埋まっていないなら、
数人からでもお手紙を書いてみてはどうですか。

 

きっと、あなたが思っていないような
良い反応が得られますよ。

関連記事
カテゴリー