ムダをなくす2つの考え方の違い | 美容室高収益仕組み化研究会
2015-10-05

ムダをなくす2つの思考法

今日はマジメなお話から。

何か新しい事に取り組むときは、
誰でも悩んでしまうものです。

 

中には、やってみて、それから
結果を見て、調整しよう、と
取り組む方もいると思います。

 

これは決して悪い考えではありません。

 

最も大切なのは、
「行動する」という事ですし、
練習と思ってすればよいのです。

 

まず1つ目の考えとして、
何かを新しく始める前には、

 

「何故お客さんはこれを買わないのか」

 

という観点から考えるほうが良い、と
先日のブログでも紹介しました。

 

そして、いざ何かをやる前に、
より効率的に結果を出す考え方です。

 

それは、
「この取組みをしない理由」という、
あなたがやろうとしている事を、
あえて自分自身が真逆の立場に立ち、
その取組みをしない立場から、
それをやらない理由を書き出して下さい。

 

何が起こるかというと、
その取組みを行うために、
遠回りをすることなく、
より打率を高めることが出来る考え方を
生み出す事が出来るのです。

 

人間は、「これをやってみよう」と思うと、
意地でもそれをやってやろうと思いがちです。

 

でも、客観視して、自分の行動が
正しいかどうか、判断する事も必要です。

 

ご紹介した考えは、
自分自身への答え合わせを可能にします。

 

戦略というのは、
再現性があるモノであるべきです。

 

もし新しい取組みで結果が出たとしても、
その結果が出た理由を自分自身で
明確にしておく必要があります。

 

この考え方は、習慣にするまでは
少し時間が掛かりますが、
ぜひ繰り返してみて下さい。

 

数か月もすれば、誰かに聞かなくても
より良い結果を生む施策の実施が
出来る様になっているはずです。

 

ぜひチャレンジしてください。

関連記事
カテゴリー