目先の収益よりもコッチ | 美容室高収益仕組み化研究会
2015-10-18

目先の収益よりもコッチ

この近年、
美容室においても、
副業?のビジネスを
普通に行うところが
増えてきていますよね。

 

代表的なモノは、
ネイル等です。

ネイルにより、
顧客単価が上がることは
安易に予想ができます。

 

そして、
今ネイルをやっている店舗は、
それ相応には売り上げが
上がっていることだと思います。

ほかのビジネスを客観的に見れば、
この今の状況が、
今後どのように発展していくのか、
ある程度は明確です。

 

世の中の流行りものは、
どこかの店舗において取り扱いが始まる事で
大体はスタートします。

その後、他店がそのマネをします。
なぜなら、マネがカンタンだからです。

 

最近の話でいうと、
セブンイレブンが始めた、
コーヒーやドーナツですね。

ほぼ同時期と言ってよいくらい、
同業他社のコンビニが同じことを
行っています。

あと、気づいている方もいるかもしれませんが、
商品のネーミングにも変化が出ています。

 

以前は、
「カレー」と書かれていたコンビニ弁当。

しかし、最近では、
「24時間コトコト煮込んだ牛スジのカレー」

という風に、表現が変化しています。

より消費者が欲しくなるような
メニュー名にしています。

これもセブンイレブンが始めましたが、
競合コンビニが後を追って、
同じことをしています。

世の中には、
毎年のように、流行りものが出てきます。
火付け役が存在しているのです。

 

そしてその流行りものは、
カンタンにマネされます。

その後どうなるかというと、
その流行りものの「専門店」が出来ます。

 

という事で、
ネイル等も、もっとニーズが大きくなると、
専門店が出てきます。

 

そして、専門化された店舗に
お客さんが流れてきます。

 

という事で、流行りものは簡単に真似でき、
今だけの売上にはなりますが、
突然、その売り上げが縮小していきます。

 

モチはモチ屋、という言葉がありますが、
本来は、お店の強みをより強くする方が、
より長期的なビジネス展開ができます。

 

美容業界以外でも、
流行りものに一時的に手を出す人たちが
たくさんいます。

ネットショップなんかは、
そういう流れでやっている所が多いですね。

いわゆる、イタチごっこです。

これで売上を追ってはいけません。

 

5年で店をたたむ予定ならいいですけど、
たぶんこれを読んでいる方は、
長期的な繁栄を目指しているはずです。

 

美容室としての強みに特化せずに、
一時的な流行りものの店販や、
その他流行りものの取り扱いをする店舗を
見かける事もありますが、

 

店販ならその流行りものを一時的にやっても
逃げ切る事が出来るかもしれませんが、
そもそも、美容師がすべきかどうか
わからないような新たなサービスは、
一時的売上を同時に、
大きな負担が発生します。

 

中には、ネイル等を行うために、
店舗を少し改装したりする事もあるでしょう。

物事を考えるときは、
まず原点回帰が必要です。

何かを始めるときは、
長期的な繁栄というゴールに向かっているかどうか、
それを確認する事が重要です。

 

新たなサービスをしなくても、
売上を上げる事は出来ます。

もし、「売り上げが上がらない」と
思っているのであれば、

「売上を上げるための取組みをしているか」を
自問自答する必要があります。

新サービスを始めるのではなく、
顧客に来店してもらう為の新しい集客法を
学ぶべきです。

 

良くも悪くも、
美容室は需給バランスがおかしいです。

でも、適切な集客法については
まだまだ確立されていません。

広告を「投資」と考え、
集客し続ける事が重要です。

今お金がないから、
広告に予算を取らない、と考えると、
もう発展はありません。

お金を生み出すは、お金です。

広告は経費ではなく、投資です。

適切な投資は、いろんな事をやらないと
明確になりません。

 

でも、いろいろと模索しながら、
常々集客法をトライしている美容室は、
お客さんであふれています。

顧客の購買心理というのは、
100年以上前から変わっていないと
言われています。

変わったのは、環境だけです。

「人は、感情でモノを買い、
買った事を理屈で正当化する」

これは昔から変わりません。

顧客の感情を動かすような販促を
打ち続ける事が重要です。

継続が一番大切です。

関連記事
カテゴリー