とても怖い心理学 | 美容室高収益仕組み化研究会
2015-10-19

とっても怖い心理学

早朝和歌山オフィスより、、、

 

誰でも、
やってみたけど、
ダメだった、という経験があるはずです。

もちろん私もあります。
恐ろしいほど!

 

今の仕事を始め、
いろいろと勉強していた中で、
「あっ、これか!」と
間違えた自己暗示に早期に気付きました。

 

例えばですが、、、

 

「これは売れる!」と思い、
いざやってみた。

 

でも、
「あれっ、おかしいな」と、
なぜか結果が振るわない・・・

 

こんな事は誰でも、
一度や二度はあるでしょう。

 

 

【確証バイアス】

聞いた事はあるかもしれません。

 

これは何かというと、

「これは売れる!」と思ってしまうと、
それに対する反対意見は全く聞こえなくなり、
逆に、その商品が売れるという裏付けのみを
受け入れ、自分の都合の良い事のみを聞く。

 

 

そして、

「やっぱりいける!」

と自分を思い込ませるのです。

 

 

これは、

「セルフマーケティング」

とも呼びます。

 

 

【軸としてあるべきもの】

 

本来、物事を考える時には、
商品が軸になってはいけません。

 

これはよくある間違いです。

 

例えば新事業。

「面白い商品を見つけた!」と、
新たなビジネスを始める人は
少なくありません。

でも、大抵は失敗します。

 

 

本来、考えの軸にあるべきなのは、
「顧客」でなければいけません。

 

でも残念ながら、
起業する人のほとんどは
商品中心思考で、
商品さえよければ、、、
サービスさえよければ、、、
俺は他の人よりやれる自信あるし、、、
なんとかなる!と

思い込んでしまうのです。

 

事業は顧客が中心で
成り立っています。

 

 

新たな取組みをする時には、
要注意ですね。

 

マーケティングを勉強していれば、
この考えは基礎なのですが、
でも、勉強すればするほど、

「自分はわかっている」と

思い込んでしまい、
裸の王様になってしまいます。

 

 

毎時、この思考を
忘れない様に、私も心掛けています。

 

新しいモノには、誰もがテンションMAXに
なってしまいます。

 

だから、超要注意の考えですね。

 

新たな取組みをする時には、
商品ありきで売れる要素を
考えるのではなく、

 

顧客の望んでいる事を
偏見なしで書き出し、
「ゆっくり判断」することも
とても重要です。

 

 

関連記事
カテゴリー