2015-11-18

時間の使い方

美容室経営者の方は、

自らのお客さんの対応だけでなく、

戦略を練る時間も取っていると思います。

 

もし、キチンと取っていないのであれば、

取る時間を確保する様にすべきですね。

 

目の前の施術よりも、

方向性と戦略を決める方が

収益につながるからです。

 

人間というのは、

目の前にやらなくちゃいけない事があれば、

「今日もよく頑張った」と

自己満足に陥りやすくしてしまいます。

 

 

今日は時間の使い方について。

 

サロンワークをしない曜日を決め、

その他業務に時間を取っている経営者さんも

いますよね。

 

もっと良い、というか、効率の良い

時間の使い方です。

 

私は毎日、日記を書いています。

日記といっても、感想文ではありません。

 

一日のやる事を、最低30分単位で時間を

割り振って、

それから、その業務に取り組んでいます。

 

今日のスケジュールを書いている自分の事を

マネジャーだと思い、書いています。

 

こなさなければならないのは、自分です。

 

そして、その時間割り振り通りに

一日の活動を進めます。

 

このときに、阻害要因になるのは

スタッフさん等の、周りの人です。

 

もしあなたが美容室とは別の場所に

事務所があれば最も良いですが、

まあ自宅でも良いでしょう。

 

時間を割り振って、決めた作業を

行うときは、電話には出ない事。

 

統計値では、1日中仕事をしている中で、

集中して仕事しているのは、30分程度だそうです。

あとの時間は他人に邪魔されています。

 

 

 

ブルブルッ、と電話が鳴ると、

なんやろ?とみてしまいますが、

それをやってはいけません。

 

世の中の社長の仕事において、

最も時間の阻害要因になるのは、

社内の従業員だそうです。

 

自分自身しなければならない事を

やるときは、完全に集中できる

環境を自ら作る事。

 

いつまでも、スタッフの対応を

行っていると、スタッフが育ちません。

 

スタッフに、

「~時から~時までは電話つながらないから」

と前もって言っておけば良いのです。

 

スタッフは、あなたがいるから安心している

ところも多々あるはずです。

 

お互い離れて仕事をする時間も

とても重要です。

 

話が少しそれましたが、

一日が始まる前に、

今日やるべき事を時間割り振りする事。

 

「この仕事は何時間掛かるかわからん」

というモノの場合は、

それをいくつにも分割します。

 

分割して、仮の時間を割り振ります。

これを繰り返していくと、パターン化され、

その時間内に終わらせる様になっていきます。

 

一日の効率がむちゃくちゃ良くなります。

 

私は2カ月位で慣れてきました。

何をやるにも最低60日は

継続しなければなりません。

 

そうすると、毎日が習慣化され、

より充実感のある、より結果に結びつく

一日を過ごす事が出来ます。

 

「俺はやる事遅いねん」と思われている方程、

ぜひこれを始めてみてくださいね。

 

自分ひとりで美容室経営をしている方は、

予約が無いときの時間をブロックし、

戦略を考える時間として集中してください。

 

応援しています。

関連記事
カテゴリー