忙しくてしたい事が出来ない… | 美容室高収益仕組み化研究会
2015-11-26

忙しくてしたい事が出来ない…

美容室経営をしている方は、

スタイリスト兼経営者として働いている方が

かなり多いですね。

 

経営専任であっても、やることがいっぱい。。。

 

「やらなくちゃいけないけど、

 忙しくて出来ない」という事は、

多々あると思います。

 

人間の性質なのですが、

昨日までの生き方のパターンで生活するのが

とても心地よくなるものです。

 

そして、昨日までとは大きく違う

生活・仕事のスタイルを取ることは

出来ない様になっています。

 

昨日までの生活リズムで過ごすのは、

「昨日までと同じ結果が出る」という保証があり、

思い切った変革を躊躇させます。

 

という様な、難しい話をするつもりは

ありません笑

 

新たなことをするために、

小さな事を習慣化する事は

とても大切です。

 

何かしらの新しい事を習慣化させるには、

2カ月継続すれば、習慣化が出来ると

言われています。

 

例えば、

毎日10ページずつ、経営に関する本を読むとか、

1日1個、新しいPOPを作るとか、

この程度の事であれば、出来るはずです。

 

半年前から「やらなくちゃ」と思っている事でも、

やらずにほったらかしな事って、よくありますよね。

 

経営をしていると、時間はとても大切です。

 

私はお金よりも、時間が最も大切だと思ってます。

2カ月掛かる仕事を1カ月ですれば、

今までの倍の収入を得る事が出来ますし、

私も41なので、30年、40年も働けません。

 

55歳での引退を目標にしています。

 

美容室においても、

1カ月で出来る集客を、他の方法を早くやれば、

今まで2カ月掛かっていた集客数を、

1カ月でこなす事も可能です。

 

難しい事でなく、簡単な事を

今日から1個、新たに始めませんか。

 

「忙しくて出来ない」というのは、

あなたのスタッフでも言うでしょうし、

忙しくて、という言葉を言わなくても、

あなたの心の中で思っているなら、

スタッフには強く言えませんよね。

 

言い訳というのは、自分のセルフイメージを下げ、

良くない方向にしか進みません。

それなら考えないほうがマシな位です。

 

 

【業務の見直し】

前にも紹介しましたが、

「パレートの法則」です。

20:80の法則ですね。

 

2割のお客さんで、8割の売上を作っている。

2割のスタッフで、8割の売上を作っている。

2割の働く時間で、8割の収益を生み出している。

 

あなたが日ごろ行っている業務において、

「あなたがしなくても良い事」って、

必ずあります。

 

経営者は、生産性の高い仕事を

すべきです。

 

2割の仕事に集中し、

8割の業務のほうで、

スタッフに引き継がせる事が出来る仕事を

具体的に考えてみてください。

 

美容室経営者は、スタッフの指標であり、

方向性を示し、結果を出さなければなりません。

 

収益がスタッフを豊かにします。

福利厚生・目標達成意欲・休日・社会保険・・・

いろいろとあります。

 

今行っている業務を頭の中で棚卸しをし、

日ごろやっている業務を全部書き出し、

整理します。

 

そのあと、

・自分ですべき事

・スタッフに振るべき仕事

に振り分けて下さい。

 

このとき、

「スタッフに振れる仕事」と考えてはいけません。

「振るべき仕事」という基準で見てください。

 

振るべき仕事をスタッフに振ることで、

スタッフは新しい経験をし、成長します。

 

一時的には非効率になるかもしれませんが、

そうやって仕事を振り、スタッフを育てる事が

組織内での仕組み化となります。

 

スタッフを信じる事と、

信じている、任せたい、という事を言葉にして

伝える事が重要です。

 

収益をより上げていくためには、

やっていくべき事です。

 

まず、今まで「やらなくちゃ」という事で

手を付けていなかった事をやる、と決め、

そう決めると、時間が足りなくなるので、

そのあとに、仕事の棚卸しを行い、

スタッフに仕事を任せましょう。

 

そうすると、時間は必ず取れる様になります。

関連記事
カテゴリー