自分の強みを生かす、たった1つの事 | 美容室高収益仕組み化研究会
2015-12-17

自分の強みを生かす、たった1つの事

和歌山オフィスより…

朝5時半に事務所に到着し、
今日もやる事を整理し、机に向かっています。

 

私は数年前まで東京で仕事していたのですが、
地元和歌山に帰ってきたときの事を思い出します。

そもそも、人の数が全く違う。
そして、当たり前の話ですが、
東京の人は服装などの見た目にお金を掛けている。

そりゃ見られる機会も多いですし、
電車などに乗る事もありますし。

最初に和歌山に帰ってきた時を思い出しました。

正直、色々とショックでした。
利便性が色々と違うなと…

でもやはり、住めば都といいますか、
良い所を思い出すかのように発見していき、
すっかり馴染んでいます。

でも、刺激を受けるのは正直、東京の方が多く、
今でも定期的に行くようにはしています。

ビジネスが盛んなのは間違いなく首都圏ですからね。

 

まあそんな話は置いておいて、
昨日、世帯平均年収ランキングというのが
都道府県別で出ておりました。

わが町和歌山も気になりますが、
代表的な都道府県のデータです。

 

1位:神奈川 525万
2位:東 京 520万
3位:富山県 510万
4位:福井県 509万
5位:千葉県 504万

と続き、ちなみに関西はというと、
(順不同)

滋賀県 489万
京都府 424万
大阪府 406万
兵庫県 463万
和歌山 399万

でした。

和歌山は頑張らないといけません笑

 

そして、年収1000万以上世帯割合は、

1位:東京都 9.65%
2位:神奈川 8.88%
3位:福井県 7.92%
4位:富山県 7.80%
5位:愛知県 7.79%

です。

 

最近、中国の爆買いが良く言われていますが、
中国の富裕層の割合は、全人口の0.2%。

ここで言う富裕層とは、
資産を純金に置き換えた場合、
1億円以上5億円未満の層を指しています。

中国って、日本と比べても、
会社員の離職率が非常に高いようで、
独立心が旺盛だそうですよ。

というお金の話を少ししましたが、
今日は、

「自分の強みを生かす方法について」

です。

自分の強みって何?という風に思うかもしれませんが、
強みというのは、

もともと持っているモノ+経験や学び

の2つの要素で構成されています。

ですが、意外と自分では気付いていない方の方が多いそうです。

誰でも持っている技術という所で勝負をしても、
大衆の中に埋もれてしまい、価値を見出せません。

差別化を行うポイントとしては、
自分の強みを徹底的に伸ばす事。

マーケティングでは、「USP」(独自性)という言い方をしますが、
(unique selling proposition)
専門店ビジネスにおいては、独自性を強く発信することが
とても重要です。

そして、その強みを生かす為にするべき事というのは、
「自分の強み以外の仕事を他者に任せる事」
なんです。

美容業界でも良く言われる話として、
20:80の原理(パレートの法則)ってのが
ありますよね。

・人間は2割の仕事量で8割の収益を生んでいる
・顧客リストの2割が8割の売上を出している
・スタッフの2割が8割の業績を残している
・8割の仕事で2割の実績しか出していない

という事です。

あなたがやってしまう為に、時間が掛かってしまい、
他の人、他の業者にお願いする方が早く、かつ、
実績に繋がるのであれば、それはあなたのする仕事では
ありません。

スタッフに振るべき仕事もあるでしょう。

あなたの強み、独自性が、8割の収益に
繋がっているのです。

となるとですよ、

仮にあなたが10時間働いているとするなら、
そのうちの2時間でやっている事で、
8割の収益を生み出しているんです。

逆に考えると、あなたの8時間の仕事は、
2割の業績にしか影響を及ぼしていないのです。

このパレートの法則というのは、
大枠は何にでも当てはまります。
もし当てはまらないのであれば、
数字の拾い方が間違っているかもしれません。

専門店ビジネスは、独自性を強く訴求し、
「マネ出来ないあなたの強みを極める事」です。

にもかかわらず、あれもやる、これもやる、
これは面白そうだからやる、となってしまうと、
浅く・広くという、なんでも屋さん状態になってしまい、
あなたの強みを薄く引き伸ばしてしまいます。

そうではなく、あなたの強みを伸ばす事に
徹底的にフォーカスするのです。

そうすれば、2割の時間・2割の業務に集中するだけで、
8割の成果を上げる事が出来るんです。

さらに言えば、2割の2割、すなわち4%の仕事が
8割の8割、すなわち64%の業績を生みます。

 

得意分野にフォーカスすればするほど、
あなたの強みは生かされるだけではなく、
伸ばしていく事が出来るんです。

コモディティ化という言葉を聞いた事がありますか?

カンタンな日本語にすると、「一般化」という感じの意味です。

誰でも出来る様な、競合でも出来る様な要素や、
あなたが新たにしようとしている事において、
既に専門業者がいる事などについては、
あなたの強みを生かすところではありません。

逆に、なんでもかんでもやってしまうと、
いわゆるコモディティ化をあなたの店でも作ってしまう
という事になってしまいます。

 

あなたの強みは何でしょうか。

誰でも強みはあります。
生まれ持ったモノと、あなたが学んだモノです。

それを掛け合わせると、あなたの強みが発見出来ます。

わからないなら、スタッフに聞いてみるのも
アリかもしれませんね。

自分の強みを見つけるサイトもたくさんあります。

あなたが今後も大きな発展を遂げたいのであれば、
強みをより際立たせ、
誰もマネ出来ない所まで上がればいいのです。

という風に、私も取り組んでいます。

 

私の場合は、日ごろやっている業務を見直し、
自分がすべき仕事と、業者に任せる仕事を振り分け、
より自分の強みを強くする事に特化しています。

これを繰り返していくと、
あなたの時間がもっと出来る様になり、さらに、
収益を上げていく事も出来るんです。

 

すぐに強みを発見出来ないかもしれませんが、
これからの繁栄の為には必ず必要です。

「俺は今まで~やってきたから、俺はやれる」

という、根拠のない自信はダメですよ。

 

改めて、自分自身を客観視する時間を取って、
さらなる収益アップを目指してくださいね。

 

 

 

関連記事
カテゴリー