2年で変態になった・・・ | 美容室高収益仕組み化研究会
2015-12-28

2年で変態になった・・・

和歌山オフィスより、、、

 

昨日のブログでも今年の振り返りの話を
しましたが、2年前までさかのぼって、
自分がどう変わったのか、考えてみました。

 

まず、マーケティングを学び、広告の出し方や
出す場所、タイミング、対象顧客など、
色んな事を学びました。

今やっている事、今お付き合いしているお客さんは、
2年前では全く想像もしていない事でした。
(何故2年さかのぼったのかは無視してください)

 

そして最近の自分の生活を考えると、、、
間違いなく変態だと思います。

 

車を運転していると、飲食店の看板に目が行き、
「あれはこう修正すべきだな」と考える。

コンビニやスーパーに買い物に行くと、
「このメニューの書き方をもっとこうすれば」と
考える。
さらには、「この陳列では収益商品死んでるな」
とかも考える。

お客さんの所で打ち合わせをしているときに、
他の業者の営業マンが現れると、
「あのトーク、コミュニケーションのここが
 もう少し〇〇なら、もっと良い話になったのに」
と、訳のわからない事を考える。

 

電車に乗っていても、中吊り広告を見て、
「あの見出しの出し方、パクれる!」と考えて、
すぐさま、ケータイのメモ機能を起動し、
メモに書き出す。

 

飲みに行っても、まず一番気になるのは、
メニュー表。

「このお店はこれを売りたいんだな」とか、
「コレを売るならメニューをもっとこうした方が」とか、

言葉には出さないけど、私生活においても
頭がマーケティングの事で支配されている。

 

方向が変われば、オタクの追っかけとは
何ら変わらない思考で生活しているなあと
昨日の夜、ふと思いました。

 

まあでも、何でもかんでも、平均点より少し
上を取るより、
ひとつの事を極め、
思い切り伸ばす方が、
世の中のニーズがある訳だし、
私は全部平均点以上取りに行くような事は
考えてもいません。

 

今のクライアントさん、パートナーさんと
共に高めあっていく事を考えると、
自分の得意分野をもっともっと学び、
誰も届かない所まで行くように、今後もひたすら
進むしかないかなと考えています。

 

ほとんどのお客さんは美容室経営者さんなんですけど、
たまに他業種の店舗ビジネスの仕事とか、
いわゆるB to B(業者対業者)の取引の仕事とかも
もらう事がドンドン増えてきました。

でも、同じ業種にどっぷり浸かるのも勿論大切ですが、
他業種の経営者さんと接する事で、
美容室に活用できるヒントはたくさんありますし、
同じ仕事を続け、木を見て森を見ず状態にならない様に
今後もチョコチョコと他業種の方々とも
お付き合いをしていこうと思っています。

 

まあ、それにしても、やはり変態だなと。

この前も、美容室経営者さんと一緒にいる時、
何気ない広告物を僕がジックリと見ていると、
「お前、気持ち悪いねん!」と言われましたw

 

まあこれは、ある意味自分のキャラなので
いいかなとは思っています。

 

来年も、何でもかんでも平均点を取るのではなく、
自分の強みを思い切り生かす為、他の事を捨ててでも
もっと強くするつもりです。

来年は外部委託の業者さんにもっと仕事を振り、
強みにフォーカスし、自分の独自性を強くします。

 

私の仕事も専門ビジネスなので、自分の色を出す事は
とても重要だと考えています。

 

とりとめの無い話で、何のノウハウも無い話で
すみません。。。

 

今日も頑張ろ!日記も完了!

関連記事
カテゴリー