案内しても来ない=離反じゃない | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-01-12

案内しても来ない=離反じゃない

私は美容室経営者さんにノウハウを
提供する仕事なので、
勉強を辞める訳には行きません。

なぜなら、より大きな売上を上げてもらい、
より収益を大きくする為の仕事だからです。

となると、ひたすら勉強が必要です。

 

そんな中、毎日のようにメルマガを
送ってくる業者さんがありました。

役に立つ話ならありがたいのですが、
毎日毎日、時間を変え、売込みばかり。

 

「うっとおしい!」と思っていました。

 

でも、その案内が少しずつ気になってきました。

セミナーの案内だったのですが、
何度かそのセミナーの内容を最初から最後まで
読むこともありました。

 

でもその時は、参加しようと思いませんでした。

 

相変わらず、毎日の様に案内が来ます。

 

そしてある日。
自分の技術不足を具体的に感じる事が。

そしてその日も、相変わらずメールで案内が
来てました。

 

改めて見てみました。

そして、

「あれっ、これは必要な内容だな」と
心変わりし、そのセミナーに申し込み。

 

これは私だけではなく、
どんな業種、業界のお客さんであっても
起こり得る事です。

 

人は、悩みを持つとき、持たないときがあり、
お客さんがその悩みをとても強く思っている時、
反応してくれます。

 

ふつうは、一度、二度案内したら
「これ以上送ったら迷惑かな」などと
思ってしまうモノです。

 

でも、タイミングが合致したときには
反応してくれます。

 

美容室の話で言うと、
私がお付き合いしている美容室さんは、
月に2回ずつ、オリコミチラシを出してます。

しかも同じエリア。

 

そのお客さんたちの感想を聞いてみると、

「前からチラシで気になってたんだけど…」と、
ジャブを繰り返した結果、タイミングが合致して
来店してくれています。

 

DMでも同じような事がよくあります。

何度か案内ではなく、案内を続けていると、
しばらく来ていないお客さんであっても、
「行こう、行こうと思っていたんだけど」と
言いながら、来店してくれる方は結構います。

 

実際、お客さんの家には、色んな業界の
色んな案内物が届くわけで、
あなたの美容室以外からの案内の方が
多く届いています。

 

何度も案内すると、反応してくれます。

 

ここで重要なのは、集客の仕組みを学ぶこと。

何度も出せば反応してくれるからと言って、
全てのお客さんに毎回毎回、何度も案内を出すと
費用対効果が合いません。

 

集客の仕組みを学ぶと、費用対効果の効率が良い
集客を行うことが出来ます。

DMの作り方、DMでの案内方法、
対象のお客さんを絞り込むこと。

 

全て重要です。

 

やみくもに、

「今月はチラシを3万部出そう!」

なんてやってしまうと、ギャンブルと同じ。

 

キチンと学び、キチンと実行すると、
ギャンブルではなく、打率が大きく上がる
集客方法を実践出来、収益につながります。

 

あなたの美容室の価値はまだまだあります。

あなたの美容室の価値を伝える必要があります。

あなたの美容室の価値を伝える方法を
学ぶ必要があります。

 

集客を学べば、攻撃的なアプローチを
より打率を高めて行うことが出来ます。

 

打率を上げるためには、練習が必要です。

一度、二度で、打率を大きく上げる事は
不可能です。

 

一発や二発、当たる事もあるでしょうが、
仕組みが無ければ、その当たりは続きません。

 

失敗も必要で、失敗を練習ととらえ、
次につなげなければなりません。

 

単発の集客方法は、一度の打席に立っただけ。

 

もし今、一つの集客方法で大半の新規を取っているなら、
今のうちに他の集客方法を学ぶ必要もあります。

 

あなたの美容室の価値はまだまだあります。

お客さんに伝わり切れていないだけです。

 

失敗を失敗で終わらせず、
ひたすらテスト、検証、再実践です。

関連記事
カテゴリー