お客さん体験をした話 | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-01-28

お客さん体験をした話

最近、メチャうれしい事がありました。

滋賀県の美容室さんともお付き合いを
する事になりました。

 

紹介から生まれたお付き合いなんですが、
人と人の繋がりって、本当に大切ですね。

 

何よりうれしいのは、滋賀県には
スキー場がたくさんあり、
このシーズンは感謝感激です笑

 

今年は無理かもしれませんが、
バッジテストという、インストラクターの
資格取得前段階でのテストがあり、

それを来シーズン中には
取ってやろう!と意気込んでいます。

 

趣味から生まれる発想って、
結構ありますからね。

まあ何事も精神は大切です。

 

先日、何気にコンビニに行き、
昼ご飯を買うべく、入りました。

そして、会計を済ませた時には、

飲み物と、ご飯と、チョコを
買ってしまってました。

 

コンビニに入る前には、
飲み物とご飯しか
買うつもりはありませんでした。

 

チョコは好きではありますが、
本当に些細なキッカケで、
買っちゃったのです。

 

というのも、小さなPOPが
貼られていました。

 

2個164円、と書いてたのですが、
レジ前に置かれていました。

 

お金を払う時に、
「あ、ついでにこれも」と
買っちゃったのです。

そして会計が終わった時に、
気付きました。

 

よく見るとそのチョコ、
1個82円なんです。

 

という事は、2個買っても
安くなる訳では無いのです。

でも、2個買っちゃいました。

 

人間心理についての話ですが、

「人はお店で買ったものは、
 80%以上の人は、
 お店に入る前に買おうと
 決めていたモノ以外のものを買う」

という事なんですね。

 

これは心理学上で証明されています。

 

スーパーに行っても、
コンビニに行っても、
服屋さんに行ったりしても、

こんな経験、一度や二度、
ありませんか?

 

「これ、買うつもりじゃなかったのに」と。

 

人の買い物なんて、こんなもんなんです。

 

お金を払う、財布を開く、と、
行為が決まっているときは、
人間は判断が鈍っているんです。

 

となると、お会計前にサラッと店販等を
勧めると、それだけでも買う人が
存在しているという事です。

 

1万、2万するモノをサラッとは
買わないでしょうが、

2000円程度のものなら、
「ついで買い」をしちゃいます。

 

この人間心理を知っていれば、
とてもカンタンに店販を勧められます。

 

商売のヒントって、
自分の行動を振り返ると、
かなり出てきます。

 

あなたは美容室では、
サービスを提供する側。

でも、生活のほとんどは、
サービスをされる側のはずです。

 

今日1日、もしくは昨日1日で、
何気に買っちゃったモノ等あれば、
それをなぜ買ったのかを考えると、

美容室経営に繋げられるヒントは
たくさんあります。

 

特別な業種なんてありません。

 

人間の購買心理は、いつも同じ。
キッカケを提供する事は大切です。

日々、考える事を辞めずに
生活をしていると、
山ほどネタが転がっています。

 

私も、飲食店のメニュー名や、
接客方法や、POPや、
自分が「うん」と決断した時は、
何が原因だったのかを
考えたりします。

 

たとえば、塚田農場。

ご存知でしょうか。

 

来店を繰り返すたびに、
課長、部長、専務!?という風に、
会員カードの役職が上がってく。

これも異業種ですが、
美容室に使えるヒントがあります。

 

この時、表面的な事を見るだけでなく、
自分が得た「体験」を理解する事です。

 

お客さんって、
些細な事で感動してくれたりします。

あなたが思っているよりも、
小さなサービスにおいて、
満足感を得たりしています。

 

お店の独自性を出すのって、
技術だけでは正直難しいです。

 

お客さんと「絆」を深くすることが
お店の差別化にもなります。

 

カリスマ美容師なんて、
何年も儲けられないというのと
同じです。

 

立ち技だけでは、
どの業界でも生き残れません。

 

大切なのは、つながりです。

お客さんの満足というのは、
あなたが気付いていない所で、
起こっています。

 

失客も些細な事だったりします。

 

お客さん目線でモノを考える習慣は、
今後の収益アップにおいては、
とても大切です。

 

 

関連記事
カテゴリー