経営者の「いけない」行動 | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-02-09

経営者の「いけない」行動

昨日はひさびさに、
異業種の方のお仕事を
終日やっていました。

 

その経営者さんから
色々とお話を伺ってたんですが、

どの業種の経営者さんでも、
悩んでいる事は同じですね。

やっぱり、スタッフの教育です。

 

いつかは、現場を離れる時が
来るものです。

そして、それと同時に、
経営者と同じ、とまでは無理でも、
それに近い状態のスキルを
身に着けてもらい、

いわゆる「右腕」として、
お店を全面的に任せたいと
思うでしょう。

 

でも、このプロセスの途中で、
大体の経営者がやってしまう間違いが
あります。

 

2つあります。

まず1つ目。それは、

「より優れたスタッフと接する時間が、
 他のスタッフと接する時間よりも
 大幅に多くなる事」です。

 
より優れたスタッフとの
時間を多く取り過ぎるのは、
ひょっとすれば、
あなたのエゴかもしれません。

 

直接的な指示をそのスタッフに
しているんだと思いますが、

「やれ」ではなく、「やります」と
言う状況を作るにあたり、

より優れたスタッフに直接的に
サポート時間を多く取り過ぎると、
まず、育ちません。

 

それと同時に、
その他の回りのスタッフの
意欲を損ないます。

スタッフというのは、
とてもデリケートです。

 

構ってくれない、というだけで、
意欲を落としてしまう事もあります。

 

誰でも、自分の頑張りを見て欲しいし、
認めて欲しいと思ってるので、

その他のスタッフとの時間も
大いに取らなければなりません。

 

そして、優れたスタッフは、
あなたがその他スタッフと
話しているのを見て、

逆に火が付く事もあります。

 

 

そしてもう1つ。2つ目です。

これはたいていの経営者が
やってしまう間違いです!

 

それは「弱みを指摘する事」です。

 

ちょっと難しい話ですが、

店舗経営と言うのは、
「弱み」にフォーカスし、
弱みを克服する事が最も
数字に反映されます。

 

しかし、人というのは、

一番の伸びしろがどこかというと、
実は「強み」の部分なんです。

 

よく分からない方は、
たくさんのマネジメントに関する本を
読んでみて下さい。

 

数年、スタッフと共に仕事すると、
最初は強みが見えていたのに、
少しずつ、弱みに気付き始め、

直接的に、そのスタッフに
弱みばかりを指摘してしまうのが
いわば普通の流れです。

 

でもこれをやると、
スタッフの意欲を落とします。

具体的に説明するのは
とても時間が掛かるので
ここでは言えませんが、

スタッフの強みを伸ばす方が、
より生産性が高くなり、
より、そのスタッフが意欲的に
仕事に取り組む様になり、

そのスタッフのカラーが
より際立ちます。

 

そうなると、そのスタッフと
接するお客さんさえも、
「~さんは〇〇な人だ」と

よりわかりやすくなり、
透明感のある、お客さんとのつながりが
より出来る様になる、という事です。

 

 

 

マネジメントをキチンと学べば、
スタッフへの対応方法が
明確にわかる様になります。

 

私はサラリーマン時代、
部下の管理で本当にたくさんの
頭打ちを経験しました。

でも、そこで終わらずに、
ひたすら学びました。

 

学びというのは、
自分の経験からの学びではなく、
他者、外部のセミナーなどに行き、

「マネジメントは技術だ」という事を
理解した瞬間に、楽になりました。

 

スタッフ管理で苦しんでいる
経営者さんは、山ほどいます。

あなただけではありません。

 

集客のサポートをメインでしていますが、
それを体現するスタッフの意欲が
低ければ、結果が半減しちゃいます。
・その他スタッフとの時間も取る事
・弱みだけでなく、強みを認めてあげる事

 

この2つは、マネジメントにおいて
基本中の基本とも言えますので、

ぜひ意識してみて下さい。

 

 

関連記事
カテゴリー