2016-03-15

開業前の気持ちは?

どん位前でしょうか、、、

 

昔ながらのお付き合いのあった方が
商売をやっているとの事で、
約10年ぶりに食事に行く事になりました。

当時は私もその人も、
違う業種ではありますが、
会社に勤めていました。

 

その彼は商売を始めて、
7年程度です。

 

10年ぶりと言えども、
それまでに何度かは
顔を合わせる機会がありました。

 

今から5~6年前位でしょうか、
その彼が商売を始めた頃にたまたあお会いし、
当時は意欲満々でした。

 

「今まで在籍していた会社では
出来なかった事をやってやろう」

「~だからやれる!」

「1億までは行きたいな」

 

こんなお話を開業当時に
されていました。

 

そして今回、
久々にお会いしました。

 

実はその彼のうわさ話を
既に聞いていたのですが、
かなりヤバイ状況だと。

 

 

そして実際会ってみました。

 

会った瞬間に感じたのが、

「覇気(はき)が無い」

状態でした。

 

 

さらには、開業当時とは
発言が違っていました。

 

「なんとかここまで戻さないと」

と言ってました。

大きな負債を抱えていましたし、
彼の目標は、「戻す」に
変わっていました。

 

当時の大きな発言は陰を潜め、
開業当時に目指していた目標に
関する言葉は出てきませんでした。

そして彼の現在の見ている所は、
「戻す」という所。

 

ここまでは無いかもしれませんが、
開業当時の想いって、
誰もが大きく持っていたと思います。

 

でも、実際にやってみて、
現状の結果から、
知らず知らずに目標が下がって来て、

現実的、というか、
「今までの延長上」の目標に
変わってしまったりしています。

 

私は大成功者ではないですが、
常に大切にしている事があります。

それは、

「セルフイメージを高く保つ」事です。

 

収入を決めるのは、
自分の思考、自分の行動でしか
無いと思います。

でも、変に現実を知って、
開業当初の目標を忘れてるって人は
本当に多いと思います。

 

自分の思考、気持ちを管理するのは
自分でしかありません。

 

私が感銘を受けた言葉は、

アール・ナイチンゲールという方の
言葉で、

「周りは常に間違えている。
 周りと違う事をせよ」

という言葉です。

 

厳しいですが、現状として、
美容室で儲かっているところって、
2割あるか無いかでしょう。

 

にもかかわらず、
商売の相談をする時ってのは、
「同業界の仲間」になることが
とても多いと思います。

周りで、成功している人は
2割程度しかいません。

もっと言うと、
5%が成功者で、95%は成功していない
経営者さんです。

 

となると、周りの意見を聞いていると、
たいていは間違えたアドバイスを
受けているという事になります。

 

 

僕が限られた方としか
お付き合いをしていないのは、
こういった理由です。

ともに高めあえる、
意欲、目標の高い方々です。

 

なので、
上っ面でしか考えない人や、
何を言っても実践しない人は
お付き合いが続きません。

 

経営者は、従業員がいても
とても孤独だというのは、
誰もがそうですし、

このブログについては、
従業員に読んでほしいとは
思っていません。

 

私も独りぼっちですが、
自分が開業した思い、目的・目標を
見失う事無く、自己管理しています。

 

暑苦しいと思うかもしれませんが、
多少はお許しください。

 

 

僕は自営を始めると言った時は、
「大丈夫?」と何人にも
言われましたし、

未だに心配してくれる人もいます。

 

でも、こんな心配をしてくれる人は、
本当に心配してくれているとは
思っていません。

 

大切なのは、自分の目標に向かった
行動を継続する事であり、
目標通りに向かっていないなら、
実行と改善を繰り返すだけです。

 

そもそも、勤め人ではなく、
経営を選んだということは、
ハッキリ言って、変わり者でしか
ありません(僕も含み、です)。

 

変わり者が、中途半端で終わると、

「変なヤツ」となりますが、

行き切ってしまえば、
スゴイ人になりますし、
僕は周りから否定されても、
わかってくれる人、共感してくれる人が
多少いてくれて、

自分が掲げた目標まで到達すれば
それで良いと思っています。

 

わたしたちは、
強く日々を過ごし、開業当初に
掲げた目標を達成しなければなりません。

心・技・体と言いますが、

まずは自分の立ち位置を
強い土壌にしなければなりません。

 

ちなみに、ですが、
冒頭で紹介した知人は、
「技」を先に覚えてました。

しかも、間違えた「技」です。

 

どういう技かというと、
「お金の借り方」です。

私に、お金の借り方、回し方を
一生懸命教えてくれました。

 

でも、その彼は、
そのお金を回す方法に精通してるので、
困ったらお金を借りるという事を
ひたすら繰り返した結果、

ズタボロの状況です。

そりゃ、自分の逃げ道が
「お金を借りる」という方法に
依存しているから、そうなります。

集客、収益を上げる仕組みを
持っていないのです。

 

技は仕組みですが、
集客、収益を上げる為の技を
得なければなりません。

 

根性だけでは商売ができませんし、
メンタルは大切ですが、
再現性のある仕組みを持てば、
継続的に収益を上げる事が
出来る様になります。

 

私は、この紹介した知人の様に
あなたになって欲しくありませんし、
開業当初の目標を見失わず、
もう一度頭を整理し、
「自分に今足りないのは何か」を
考え、不足しているモノを
補う事を徹底的にして欲しいと
思っています。

 

自分の弱みを客観視する事も
とても大切だと思います。

 

今お付き合いしている経営者さんから、
良い言葉を教えてもらいました。

 

「自分を信じる事と、
 1%自分を否定する事が大切だ」

微妙に言葉が違うかもしれませんが、
自分の今の状況に自信過剰になると、

自分の弱みが見えなくなります。

 

自分を完全否定してしまうと、
自信がなくなってしまいますが、
1%自分を否定し、客観視し、
自分の立ち位置を見定めることで
さらに前に進んでいけると
僕は考えています。

 

どうでしょう。
開業当初の目標を
見失ってはいませんか?

私は一人でも、
毎日、朝イチで目標を書き、
今日1日仕事をする理由を
毎日明確にしています。

 

これを読んでいるあなたと、
ともに高めあい、
より大きな結果を出したいですし、

今日も昨日の数倍、良い1日に
しましょう!

 

和歌山から応援しています!

 

関連記事
カテゴリー