お金の使い方 | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-03-29

お金の使い方

今の仕事を始めようと
思った年、まずは自分に
何が足りないのかを考え、
アホみたいに勉強しました。

受験勉強と同じくらい、
勉強しまくりました。

勉強のために
本をよく読んでいたのですが、
大学卒業時まで、
小説を1冊読破したことさえ
ありませんでした。

でも、目的があると、
やったら出来るもんです。

 

最低限のお金を稼ぎ、
苦しかったですけど
勉強しまくりで、

余ったお金は、
全部、勉強代に投資。
遊ぶ事なんかありませんでした。

具体的な金額は言えませんが、
1年で数百万の勉強代を
自分に投資しました。

 

でも、その結果、
世界が変わりました。

 

会社勤めをしてる時に、
マーケティング部という部署があり、
そこに所属している人たちは、
誰もが知っているメーカー出身で、
有名大学でMBAを取っていたり、
東大卒の子がいる様な部署でした。

僕は営業だったのですが、
マーケティング部のエリートから
きっとバカにされてたんだと
思います。

 

そして、1年位前でしょうか、
そのマーケティング部の人と
久々に会い、色々と話をしました。

当時は教えてもらう事ばかり
でしたが、
数年ぶりに会ってみると、
質問攻めにあいました。

「どやって勉強したの?」
「何でそんなに短期間で?」

こんな事を言われました。

自分が使った時間は、
ムダでは無かったんだなと
その時、少し思えました。

 

でも、この様な事は、
当たり前なのかもしれません。

会社勤めで勉強してる人と、
身銭を切って、自分の目標を
達成しようとしている人では、
成長スピードは全く違いますし、

ゴールを見失わなければ、
出来る事です。

多分、美容室経営でも
同じ事が言えるでしょう。

どこかのお店に勤めている友達、
あなたにもきっといるでしょう。

でも、自分で店を出して、
今までにない、色んな学びの機会が
あったと思います。

 

そして僕は今年も、
広告代と勉強代に
相変わらず投資しています。

 

美容室経営者さんから、
去年よく聞いたことが、

「ネット広告、元取れないから
 もうやめるんだ」

です。

何の広告かは言いませんが、
想像は付くと思います。

 

広告って、お金は掛かりますが、
絶対にやめてはいけません。

広告をやめたら、
一時的なお金は残ります。

でも、長期的に考えると、
お店を成長させるためのアピールを
し続けなければなりません。

広告をケチッってしまうと、
お客さんを呼ぶ事は出来ません。
入り口をふさいでしまいます。

 

手当たり次第、
これやってみよう、
あれやってみようとか、
これも問題です。

お金を掛ければよい訳では
ありません。

 

僕も広告代を水に流した事も
ありますが、
その広告を辞めず、
改善、検証を繰り返し、
その対策をひたすら練っています。

 

 

勉強と広告は、
どんな事があっても、
継続すべきです。

どちらも大切ですし、
片方を辞めたら、
シュリンク(ちっちゃくなる)の
始まりです。

 

僕は幸いにも、
自分はアホだとわかってるので、
昔からコツコツ派であり、
バカにされてても、
いつか逆転してやろうと
今でも学びを辞めていません。

自分は出来る!と思った瞬間、
終了だと思います。

自信を持つ事は良いですが、
自分の目指すゴールに対し、
欠けているモノは補う事が必要で、
自分を冷静に見る事も必要です。

 

広告で反応が出ないのは、
広告媒体のせいではなく、
出し方の問題です。

 

よく、
「DMやってるけどアカンわ」
「チラシは5年前にやめたよ」
とか、

媒体のせいにして、
やったけどダメだった、という一言で、
終わらせている方がいます。

 

それを聞くと僕は、
何で追求しないの!?と思います。

やめる、という決断は
いつでも出来ます。

お金を掛けて、痛みを知り、
そこから学ぶというのも
悪いとは思いませんが、
結果を生むには、必ず理由があります。

正しい学びの機会を持てば、
遅かれ早かれ、必ず結果が出ます。

そう信じて、僕も勉強してきました。

今は自分が学んだことを
多くの人に提供しています。

 

以前から案内していた、

「客単価アップ法」

準備が出来ました。

 

準備は苦しかったですが、
このノウハウを学び、
実践で結果を残してくれる人が
一人でも多くいて欲しいと思い、
頑張れました!

 

「ウチはコレで新規を呼んでる」
っていう事はよく聞きますが、

なぜ、客単価アップの方法を
マニュアル化していないのか。

 

だって、毎日お客さんが
美容室に来るわけですし、
対象者が来てくれるなら、
その方々へのアプローチを
キチンとする方が売上に
つながりますよね。

僕とすれ違っていった
美容室経営者さんはこんな感じでした。

 

お金を掛けずに
売上を上げる方法は、
今のお客さんの価値を上げる事です。

最もあなたに反応してくれるのは、
あなたの美容室に来る、
お得意様です。

 

100年以上変わらないという
人間の購買心理。

ではその購買心理に
どの様にアプローチすればよいか。

どうすれば客単価を
上げる事が出来るのか。

それは、下記のページを見れば
理解できます。

僕が今まで学んだことを
まとめました。

ムダも省いてるので、
きっと、最短距離で

客単価アップが出来ると思います。

http://genkibiyoushitsu.com/rcv

 

日曜の夜に、
今お付き合いしている美容室の
店長さんから、

「男性で8000円の頭皮ケアの
 オーダー取れました!」
「これ、行けそうです!」

と嬉しそうにラインで連絡を
くれました。

努力家の店長さんです。
僕もメチャクチャうれしかったです。

 

こんな感動を、
あなたとも分かち合いたいです。

 

お付き合いを始めて数か月後、
平均客単価が900円ほど
アップしたそうです。

あなたの美容室の
月間客数を900円アップで
計算したら、どんな感じですか。

顧客数を変えなくても、
売上は上がります。

 

とうとう案内開始です!

http://genkibiyoushitsu.com/rcv

 

 

 

関連記事
カテゴリー