「ある程度」から成長しない・・・ | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-04-15

「ある程度」から成長しない・・・

昨日のことですが、
奈良のコンビニの駐車場で
打合せまでの時間を
つぶしていました。

すると、
引越し業者さんのトラックが
止まっていて、その前で
3人の引っ越し作業スタッフが
話をしていました。

3人が楽しそうに
話をしていましたが、
そのうちの1人は女性。

とてもかわいい、
20代半ばの女性でした。

笑顔も素敵な方で、
仕事も出来そうな雰囲気で
チャキチャキしてそうな方。

その姿を見て、
「何でこの仕事をしてるんだろ?」
と思いました。

というのも、
引っ越しスタッフさんのことを

馬鹿にするわけでは無いですが、
実際のところ、引越し作業は、
誰でもある程度はできる仕事だと
思います。

なぜなら、作業だからです。

本当に、なぜでしょうね。
ただ、他の世界を知らないだけなのか、
もしくは引越しの仕事が大好きなのか、
よくわかりませんが、
言えるのは、頭をそんなには
使う必要は無いのかなという事。

でも、ひとつ言えるのは、
頭を使うか使わないかによって、

これだけ仕事の幅が変わるんだなと
思いました。

 

実際、どんな仕事であっても、
頭を使うかどうかと言う事は、
収益を大きく変えます。

僕がサラリーマンをしていた時でも、
いわゆる下手な営業の方や、
営業の能力の無い方は、
お客さんとやたらに飲みに行ったり、
お客さんのところに何度も通ったり、
時間と金を無駄にし過ぎていました。

こんなことをすることによって、
お客さんとのコミニケーションを図り、
売り上げに繋げようとしていると
思うのですが、
僕はその営業の方の姿を見ていつも、

「売上を上げるための
 もっと効率良い方法を
 ほかに考える気はないの?」

と思いました。

この方法によって、
圧倒的な売上を上げていたなら
何かを得る所はありますが、
その方は、他のひととは
売上はそんなに変わりません。

ただ、自分の時間をムダに使い、
お客さんとの関係を保つという
方法しか知らなかったし、
それ以上の方法を考えようと
しなかったんだと思います。

 

これって、
お店の経営にも同じことが
言えると思います。

目先の仕事ばかりに気を取られ、
いろんな手法を作ろうと考えず、
毎日一生懸命働いてしまうと、
他の店舗との違いを出すことも
できないし、

より効率の良い集客方法や、
客単価を上げる方法、
新規集客や再来店の仕組み作りが
できるわけではありません。

 

引越し業者さんと一緒にする訳では
無いですが、
頭を使わなければ、
肉体労働に近い状態になってしまいます。

どんな業種であっても、
そんなに働いていないのに
儲けてそうなところはあります。

 

実際、人というのは、
色んな経験の中で

成長するキッカケがあり、
その経験によって成長し、
それが積み重なって今があるんだ
と思います。

でもここで問題なのは、
経験が長くなるにつれ、

外部から刺激を受ける事が少なくなり、

ある程度の事がこなせるようになると、
勉強の機会を取ろうとせずに、
過去の経験・能力に依存し、
ここで勉強やめてしまうと
いう事です。

こうなれば、
自分自身が成長する事は
もうありません。

 

そして今までと同じやり方、
同じ能力で毎日を過ごしてしまうと、

1年前と何ら変わらない姿で
1年を終えることになってしまいます。
そしてそれが3年、5年と続きます。
自分で自ら、
新なる成長の機会を作らなければ、
数年前とは何と変わらないような
結果と言うものを出てしまいます

 

そして、
より肉体労働から離れるためには、
日々学ぶこと、すなわち、
外部から学ぶと言う機会を
持つことが必要です。

実際、自分の強みと言うものは、
自分ではなかなか理解できる
ものではありません。

本などを読むと、
自分に足りないものが
明確に見えてきます。

そして新たな学びを本から
得ることができます。

 

経営者というのは、常に孤独です。
そして、
誰もあなたに忠告はしてくれません。

 

となると、
自己管理は最も大切ですし、
自分を成長させるのは自分でしかありません。

外部からの刺激を受けることが
とても重要ですが、
毎日仕事をしていると
なかなかそのような機会を
得ることができません。

しかし本であれば、
自らを高めていくことが簡単にできます。

 

日々自分を高めるって事を、
自分の中で考えるのではなく、
外部から簡単に刺激を受け、
成長できる方法として、
読書をお勧めします。

こうやって書いているブログも、
僕は自分のために書いています。
ブログは自分の戒めにもなります。

 

ブログもオススメですが、
まずは本を読むこと、
とても良い機会になります。

他の人と接していると、
どうしてもその相手への印象と言う
フィルターを通して相手の話を聞くので
素直に聞けません。

しかし、本であれば、
自分のことを客観的に
見つめ直すことができます。

 

1年前の今から、
どれだけ成長しましたか?
成長していない時は、
毎日つまらない日々になってしまいます。

お互い、より成長し、
良い1年の終わりを
迎えるようにしましょう!

 

学びを辞めてしまうと、
その間に競合が進化していきます。

 

 

関連記事
カテゴリー