2016-04-18

稼ぐのは収入ではなく「資産」

僕が今の仕事を始めたころ、
衝撃的な学びがありました。

そしてこの学びを知るまでは、
「投資」の意味を
理解していませんでした。

ここで言う投資とは、
株とか不動産とか、
そういうものではありません。

 

お金を今稼いでいて
数年後に消える人と、
10年以上も稼ぎ続けている人の
大きな違いの話です。

 

お金、すなわち「収入」と言うのは、
使えば無くなります。

今年稼いでも、
それを使ってしまえば
稼いだお金は戻ってきません。

言い換えると、
今稼ぐ事にフォーカスしていると、
今の収入しか得られないという事に
なります。

 

あなたの広告に置き換えて
考えてもらいたいのですが、
今月出した広告に対して
売上がどれだけ上がったか、
のみを考えてしまうと、

目先のお金ばかりを追い求め、
毎日、毎月、目先の収入ばかりを
追いかけてしまいます。

これを続けていると、
数年後には同じ結果を
得る事が出来ない、と言う事に
なってしまいます。

毎月、新規顧客を増やし、
そこからの売上に期待すると、
この様な状況になってしまいます。

 

僕もあなたと同じ様に、
毎月、ソコソコの広告費を
出していますが、

僕はこの学びを知ってからは、
一度の広告費で赤字が出ても、
いわば、想定通りですし、
問題はありません。

 

例えばですが、
一度の広告を出して、
10万の広告費を出して、
その広告で3万しか上がらないなら、
アリでしょうか、無しでしょうか。

答えは、というと、
わからない、が正解です。

 

どういう事かと言うと、
仮にですが、
10万の広告費で、
クーポン好きのお客さんが10名来店し、
一度キリの来店のみで7万売上が上がり、
その後二度と来なければ、
この広告は収支が合わなくなります。

でも、10万広告に対し、
初回で3万しか上がらなくても、
そのお客さんが年間に30万
使用してくれるなら、
この10万の広告はアリですよね。

 

ココで大切なのは、
広告費を細分化し、計算する事です。

そして、この計算によって、
どの様に広告を打つべきかが
明確になってきます。

 

いわば、初回の売上が悪くても、
正しい顧客を獲得できたなら、
それはそれでOKと言う事です。

これだけではありません。

1人のお客さんが、
1年間でどれだけの収益を
あなたの美容室に残してくれるか
という事がとても重要です。

 

成功者は、資産を集めます。
成功しない人は、目先の収入ばかりに
目を向けます。

要は、得るものと言うのは、
収入ではなく、顧客リストだ
という事です。

 

あなたの美容室において、
仮に、1人のお客さんが
1年間平均で5万の売上があるなら、
そのお客さん1人に掛ける広告費は
3万でもOKと言う事になりますよね。

これを理解せずに、
目先の広告費用ばかりに
目を向けてしまい、
目先の売上ばかりに
目を向けてしまうと、

今の広告の費用対効果ばかりを
見てしまいます。

 

そして、顧客リストと言うのは、
収入ではなく「資産」になります。

この資産をどれだけ持つかにより、
今後の売上が安定しますし、
その資産に対して、
「信頼残高」を高める事を
継続していけば、

そのお客さんたちは、
離れません。

 

実際のところ、
お客さんを獲得する事よりも、
お客さんを継続来店してもらう
事の方が大切です。

でも、大抵のビジネスでは、
継続取引の為の取組みと言うのは
軽視されがちです。

 

既存顧客の維持には
お金はさほど掛かりません。

新規顧客獲得費用と
比較をしても、10分の1程度で
既存顧客の維持が出来ます。

 

僕は取引を開始する
美容室経営者さんには、
まず、失客へのアプローチを
行っているかを確認します。

何故なら、顧客リスト、
いわゆる「資産」が崩れるのを
見ているのに、何もしてない
と言うケースが一番まずいからです。

 

 

≪シミュレーション≫
(シュミレーションと未だに言っちゃいますw)

顧客リストが、
仮に1000名だとします。

そして新規来店が毎月10名で、
そのリピート率が50%とします。

年間の失客率が20%なら、
年間200人失客です。

そして、新規顧客が毎月10名で
年間で120名の新規顧客ですよね。

この方々がリピート50%なら、
60名が継続します。

 

となると、200人失客し、
新規で60名しかカバーできないなら、
計算が合わないですよね。
マイナス140人です。

でも、新規新規と、
新規顧客獲得にフォーカスしがちです。

 

 

新規獲得よりも、
資産である「顧客リスト」を
育てていく方が、より大切です。

そして、新規顧客数よりも、
「顧客の質を間違えない」事が
とても重要です。

どうでも良いお客さんを
10人集めたところで、
長期的収益にはつながりません。

 

新規顧客よりも大切なのは、
顧客の維持です。

維持するために大切なのは、
「信頼残高」を相手に貯める事。

信頼残高と言うのは、
いわば「借り」みたいなものです。

 

「いつも色々とありがとうね」
というのが、信頼残高です。

多少のサービスは、
新規顧客獲得費用と比べると
何てこと無い費用です。

 

バケツに入ったお客さんを
バケツから取りこぼしては
新規顧客獲得費用が全てムダです。

バケツの穴がどこにあるのかを
客観的に見つめなおし、
その穴を埋める作業をすれば、
注ぐ水の方が多くなり、
バケツに水が溜まっていきます。

 

獲得するのは収入ではなく、
資産、すなわち、
質の良い顧客リストです。

一度二度の広告において
新規顧客数が少なくても、
高額オーダーをしてくれる
良いお客さんを獲得出来ているなら
アリだという事です。

 

という事で、
今のあなたの広告が
求めているお客さんに向けた
モノであるかどうかを
今一度確認してみて下さい。

何でも検証、改善です。

 

そして、考える時間は
必ず必要です。

目先の仕事に追いかけられ、
考えなくなるというのは、
落とし穴ですよ。

 

では今日も良い1日を!!

 

——————-
短期集中コンサルティングを
近々案内します。
誰でも出来るシンプルな業務で
月に50名近くの来店客数が
増えた仕組みです。

コチラもお楽しみに!!

 

関連記事
カテゴリー