「ウイルス」売上アップ法 | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-04-24

「ウイルス」売上アップ法

先日僕は引っ越しをし、
昨日、ネット工事業者さんが
家に来てくれました。

 

引越し業者さんから、
ネット契約のオススメを言われ、
色々と比較して決めたのですが、
商売につながるお話です。

 

僕が契約したのは、
ソフトバンク光で、
約束の工事日に業者さんを
待っていました。

予定の9時まで
家で過ごしていて、
ピンポン、と来たので
ドアを開けると、

「おはようございます、NTTです」
と、NTTさんが来ました。

契約したのはソフトバンクです。

 

既に知ってる人も
いるでしょうけど、
ソフトバンクは、
自社のネットのインフラ(回線)を
持っていません。

そして、ソフトバンク光は、
NTTの回線を間借りして
契約を取っているという感じです。

いわば、NTTがメーカーで、
ソフトバンクが問屋、という
イメージでしょうか。

 

 

これ、何を言ってるかわかりますか。

商売に言い換えると、
こんな感じです。

 

もし、自社のリストが無くても、
他社のリストを間借りすれば、
自分の商売を大きく出来る、
という事です。

 

ソフトバンクは、
ネットインフラが無いのに
ネット回線を販売しています。

そして、この様な事は、
色んな業種で存在しています。

 

専門的に言うと、
パラサイトマーケティングと
言うのですが、
パラサイトというのは、
「寄生」という意味です。

 

あなたの美容室の近くには、
たくさんの異業種のお店が
存在しているはずです。

そして、あなたの対象顧客と
同じ様な顧客属性のリストを
持っている店舗もあります。

店舗でなくても、会社でも
そうですよね。

 

となれば、その異業種の方と
手を組めば、
あなたのリストは倍増する
という事になります。

 

これは実は、
ホットペッパービューティでも
同じ事が言えます。

ホットペッパービューティには、
たくさんのサイト閲覧者がいて、
お店で置き換えると、
イオンショッピングモールがあり
その中にあなたの美容室テナントを
出す、というのと同じ事になります。

 

既に集客能力があるネット媒体に
美容室がたくさん入っている、
というのが、
ホットペッパービューティです。

 

 

物事を考える時には必ず、
「原理原則」を見なくては
なりません。

美容室に関連したビジネスでも、
同じ様な事は多々あります。

 

もしあなたが、
今、ホットペッパービューティに
掲載しているのなら、

「ホットペッパービューティで
なぜ、集客できるのか」

と、
「なぜ」を考えていくと、
原理原則が見えます。

 

あとは方向を変えるだけ。

ネット広告では無くても、
周りにあなたの対象顧客が
集まっている所はあります。

そしてそこに広告を出せば、
同じような効果が生まれます。

 

単なるネット回線である
ソフトバンク光においても、
モノの見方を
「原理原則」ベースでみれば、
この様に、集客、商売のヒントが
あるという事です。

 

プロとしての経歴が
長くなればなるほど、
幹ではなく、枝である
「やっている事」のみを
見てしまいがちです。

でも、人がモノを買うには、
何かしらの理由があり、
人が来店する事についても
何かしらの理由があります。

 

お休みの時に、
「なぜあの店は流行ってるのか」
という風に、

異業種の店舗やビジネスを、
原理原則ベースで見ていけば
まだまだやれる事はあります。

 

接客も同じです。

カンタンに単価を上げる人も
同じ業界でもいます。

 

常に共通しているのは、

「自分のやり方、経験を重んじる」

という方は、苦労しています。

 

「オレは今までこのスタンスで」
「オレはこのやり方で」
「オレはこの考えで…」

と言う方は、
物事の表面しか見えません。

 

かなり前のブログでも、
成功する人の共通点は、
・素直
・学ぶ心がある人
・プラス思考
と、船井幸雄さんが言ってたと
お話した事がありますが、

いきなり、
原理原則を見ようとしても
なかなか難しい事もありますが、

何でもやってみて、
良い結果が出た時に、

「なぜ上手く行ったのか?」を
徹底的に考える習慣が必要です。

 

失敗する時は、
誰でも理由が明確になります。

でも、成功する時ってのは、
ほとんどの人が、
その理由までも追及しません。

だから、成功した事を
再現する事は難しいのです。

 

何となくで今上手く行ってても、
やがて衰退します。

やる事よりも、
それをやる「目的」の方が
大切です。

 

成功している他店のマネを
パクる事もあると思いますが、
他店の成功事例についても、
表面だけを見ず、

その背景の目的が見えれば
モノの見方が変わり、
パクリ方も変わります。

(僕はパクリ大賛成です)

 

目先の事だけではなく、
長期的に収益を上げ続ける為に
今の行動が自分の目的と
同じ方向を向いてる事なのか、

もっと良い方法は無いのか、と
考え続ける事です。

 

考える事は本当にしんどいですが、
考え続けた結果、
より良い取り組みが出来る様になります。

 

汗水たらして働くのは、
言い方が悪いですが、
従業員さんの仕事です。

経営者は、
自分の脳みそと戦い続けるのが
仕事です。

 

では今日も良い1日を!!
応援しています。

 

関連記事
カテゴリー