恐怖で欲求を高める方法 | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-05-03

恐怖で欲求を高める方法

ちょっとコレ読んでみて下さい。

—————————-

 

 

 

どんなに頻繁にシーツを洗濯しても、
あなたのベッドは虫の温床だ。

見るも恐ろしいカニのようなダニが何千匹といて
マクラやマットレスにどんどん卵を産み、
あなたや家族は年中アレルギーに苦しめられる。

あなたが寝ている間にダニがはい回り、
あなたの表皮の薄片を食べ、
あなたの肉の水分を吸収する。

しかも事態は日に日に悪化している。

2年使用した枕の重さの10%は、
実はダニの死骸と
その排泄物だということを
ご存じだろうか?

つまり、あなたと家族は毎晩、
虫のトイレの中で
眠っているということ。

実は、
生きたり死んだりしている
虫やそのおびただしい量の
糞便に包まれて就寝しているのである。

 

そして、枕を天日干しにし、
あのなんとも言えない良い香り。

「あー、太陽のニオイだ」

とよく言いますが、
実はあのニオイ、ダニの死骸のニオイなのです。

—————————-

 

これ、某メーカーの
売り文句のDMです。

マクラやシーツ、
買いたくなりませんか?

 

人は、恐怖を与えられると、
欲求は高まります。

 

恐怖と言うのは、
人の欲求を高める事が出来る
1つの技術です。

実はこの恐怖、
色んな業種で使われています。

 

美容室にも応用出来ます。

 

実際、
ホームカラーをしている人は
ムチャクチャ多い訳ですし、

そのホームカラーの恐怖を
伝えてあげる事によって、

同じように恐怖からの欲求を
高める事が出来ます。

 

アナフィラキシーショックで、
人が亡くなった例もあります。

(アナフィラキシーショック、
 知らない人は調べて下さい。)

パラフェニレンジアミンの話です。

 

どんな業種においても、
プロであるはずです。

そして素人であるお客さんは、
よりプロの知識を求めていて、
プロの話には耳を傾けます。

 

今日は短いですが、

「コレやってみたーい!」
ではなくて、

「コレ続けてたらヤバイ」
「美容室でカラーしなくちゃ」

と持っていく事も出来ます。

 

美容室のカラーでも
同様の成分が入っていても、

美容室のカラーと、
ホームカラーの違いを

お客さんの耳を広げて
伝える機会を提供する事が
出来ます。

 

キッカケを提供する方法は、
色々とあります。

 

接客によるトークでなくても、
伝える事が出来ます。

 

僕は髪がヤバくなってるので、
日頃から頭皮ケアをしないと
こんなになりますよ!

と言われてしまうと、
「何とかしなくちゃ」と
なると思います。

 

ぜひコレを応用して
上手く活用して下さい!

 

と言う事で、
今日も引きこもり仕事を
僕はやっていきます。

GWはいい天気で
みんな楽しそうですが、

邪魔が一切入らない
この貴重な時間を
自分の目標を達成する為に
費やします。

 

では今日も良い1日を!!

 

関連記事
カテゴリー