【警告】目標は人に話すな! | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-05-20

【警告】目標は人に話すな!

とある美容室さんで
接客、カウンセリングの
トレーニングを1か月半掛けて
行わせてもらったのですが、

昨日ついに終わりました。

 

僕の頭はハチが張っていて
耳の上あたりの髪がやたら薄く、

おまけに髪全体が減っていってるので、
逆に僕の頭皮のカウンセリングを
お願いしたいですw

現在、リアップと、
個人輸入のそれっぽいモノと、
シャンプーに気を付けてます。。。

 

 

話は変わりますが、
僕が少し前に学んだ事です。

 

あなたが
美容室経営者さんであれば、
経営者さん仲間がいると
思います。

 

仲間でご飯食べたりとか、
何らかで会う機会も
あると思います。

距離感も様々でしょうけど、
とても親しい人なんかには
誰にも出来ない相談をしたり、

色んな事、スタッフの愚痴等も
話す事もあるかもしれません。

 

グチはグチで、
言葉を発する事によって、
その言葉が自分に作用する様になるので
出来ればやめておくべきなのですが、

 

そんな事よりも
絶対にやってはいけないのは、

「目標を他人に話す事」

です。

 

 

目標以外にも、同様に
言ってはいけない事があります。

たとえば、

「オレ、こんな事やろうと思う」
「コレやったら当たりそうでしょ」

など、せっかくの良いアイデアを
簡単に人に話してはいけないのです。

 

 

【人間の5大欲求】

人間には、生まれ持った
5つの大きな欲求があります。

・生理的欲求(食欲・性欲・睡眠欲)
・安全欲求(無事に生きていたい)
・社会的欲求(仲間が欲しい)
・承認欲求
・自己実現欲求(自分らしい人生)

のうち、
4番目の欲求に位置付けされている

「他者から認められたい、
 尊敬されたい」

と願う気持ちのことを
承認欲求と言います。

 

実はコレ、大抵の場合は、
目標達成を妨げる使い方を
されています。

 

 

なぜ、目標を人に
話したらいけないか、と言うと、

「人間は、目標達成しなくても、
 人に話をする事によって
 ある程度の欲求が満たされる」

からなのです。

 

実際に取り組まなくても、

「A君、すごいアイデアだね!」とか、
「それ、いいね!」とか、

自分の考えを他者に
受け入れられた瞬間に、

承認欲求の大部分が
満たされてしまいます。

 

その結果、
その言った事に力が入らず、

ただのアイデアマンとなり、
そのアイデアを実行しなくても、
居心地は悪くない状態に
なってしまいます。

 

「それ、こうした方が良いよ」とか、
「それ、~にしないと」など、

求めてもいないのに
アドバイスをくれる人も
あなたの周りにいるかも
しれませんが、

この様な発言をする方も、
自分は何もしなくても、
何かを成し得た気分になってしまい、

ほろ酔い気分になっちゃいます。

 

なので、
目標やアイデアというのは、

人に話してはいけません。

 

経営者は収益に注力すべきで、
周りのお金を払ってくれない人たちに
どれだけ承認してもらっても、

収益にはつながりません。

 

 

コレを防ぐためには、
人に話さない事はもちろんですが、

「やれ!」という事です。

 

口を動かす前に、
行動するという事が最重要です。

 

 

お店を経営していると、
やりたいな、試したいなと言う事が
山の様に出て来ると思います。

その様なアイデアが浮かぶと、

人に話すのではなく、
まずやってみる事です。

 

 

思考は収益を生みませんが、
行動は収益を生み出します。

ノウハウコレクターが
成功しないのは、

この言葉に尽きます。

 

 

もし今、何らかのアイデアがあり、

「コレ、やる価値あるかな」と
迷っているのであれば、

ぜひまず、やって下さい。

 

評価するのは、あなたではなく、
お客さんです。

 

プロの思考と、
お客さんの思考は全く違います。

まずは世に出す事。

行動する事です。

 

何度も言いますが、
成功者は1:9で、
9割失敗しています。

早めに9割の失敗をしないと、
1割の成功が遅くなります。

 

時間は経営者にとっては
最も重要な資産です。

 

目標を人に話さず、
とにかく行動に変え、
達成した時には、

「○○をやって、
 売上●●円まで行ったよ」と

人に話してくださいね。

 

 

では今日も良い1日を!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
経営者の時間の価値を
数倍に変える思考法を
学びたい方はコチラ

 

関連記事
カテゴリー