商材変更で売上が上がるか? | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-05-24

商材変更で売上が上がるか?

 

 

「高単価メニューを導入したけど
なかなか売れません」

 

 

こんな相談を受けたので、
コレについてのお話です。

 

 

僕がサラリーマンの時の
話です。
入ってきた社員がいて、
彼は自営業を2年ほど
やっていたそうです。

自営業を辞めて、
サラリーマンになったと
いう事は、

自営業が失敗に終わったと
言う事は言うまでもありません。

 

「どんな自営業をしていたの?」
と聞くと、
それ相応の話をして来ました。

そして、最初の半年は
月に30万ほどの稼ぎに
なったらしいのですが、

最終的には、
月に10万位しかならず、
辞めたそうです。

 

彼に、
「なんで上手くいかなかったの?」
と聞くと、

こんな返答が来ました。

 

 

「いやー、林田さん、
自営業っていうのは、商材を間違えたら
エライ事になりますよ」

と。

 

実際世の中には、
同じ様な商品を
取り扱っている会社は、
星の数ほどあります。

にもかかわらず、
「商材を間違えたら」って
どういう事なのでしょう。

 

 

実際、サギまがいの商品なら
そりゃ、どれだけやっても
売れないでしょうけど、

彼は普通の商品を取り扱ってて、
失敗に終わった訳です。

 

という事は、
商品が悪かったのではなく、
「売り方を知らなかった」
「売り方を学ばなかった」
から、売れなかっただけです。

 

 

僕は、美容の業界内でも、

「この商材を使えば、
客単価が15000円になります」

というフレコミの案内なんて
あり得ないとしか思ってません。

そんな商材なんかで
売上がドカンと上がる事なんて
なかなかありません。

 

 

売上が上がるとしたら、
それは、商品、という
表面的なモノではなく、

その売り方を学び、
そして、それ相応の売上に
なったに過ぎません。

 

その商材を使い、
1万以上の客単価になるなら、
全国の美容室の客単価平均が
1万超えになりますよね。

 

もちろん、ある程度は
商材で変わるでしょうけど、
今のご時世で大切なのは、
いかにお店の価値を伝え、
お客さんにその価値を
理解してもらう機会を作り、
継続的に来店してもらうかです。

 

同じ商品を取り扱っても、
上手くいく人は、2割です。

残りの8割の人は、
同じ結果を出せません。

 

 

一方、人間の購買心理を学び、
仕組みを学ぶ事をすれば、
それは、永久に使える
集客の仕組みを手に入れ、

どんな商材であっても
売り方がわかる様になります。

 

商材やメニューにおいて、
重要なのは「見せ方」だけです。

 

高単価メニューを導入し、
売上が変わったなら、
それはメニューのお陰ではなく、
メニューの見せ方を
変えた、というのが、
売上が上がった理由になります。

 

困ったからと言って、
メニューに飛びついても
何ら変わりません。

まず学ぶべきは、
原理・原則です。

 

 

理原則を学べば、
どんな商材と取り扱っても
何とでも出来る様になります。

 

まずは価値の伝え方を
学ぶ必要があります。

 

なので、
流行りものの商品や、
新しいサービスに頼ると、
一時的な売上しか出来ません。

 

価値の伝え方を学べば、
美容業界以外でも
あなたは商売が出来る様に
なります。

 

これが「仕組み」です。

 

学ぶための時間、
作っていますか?

 

僕の知っている人でも、
個人事業主として仕事していて、
お客さんや、ほかの人と
飲みに行く事で仕事を
取っている人もいます。

コレは仕組みではありません。

 

なぜなら、たった1つの方法で
しかも、人付き合いだけで
仕事をとっているだけだからです。

今は楽しそうに仕事をしてますが、
1年後、2年後どうなっているのか
想像がつきません。

 

 

店舗と言う組織で
仕事をしているのであれば、
誰でも出来る集客の仕組みを
持つ必要があります。

仕組みって、
お客さんのニーズに合致を
させる事です。

 

 

今日お話したかったのは、
目先の「新商品」などに
心を動かされる事なく、
今の商品、今のスタッフ、
今のお店のままで、
売上を上げてほしいからです。

価値の伝え方で
売上は化けます。

 

 

※メニュー表の中で、
一番売りたいメニューは、
左上に書くといいですよ。

人間の目は、
「z」の動きと言われていて、
zの始まりは左上です。

コンビニなんかでも、
一番売りたい商品は、
左上に置いてます。

 

 

商材というのは、
「小手先を変えるだけ」です。

仕組みは、
「原理原則を学ぶ事」です。

 

 

「考え方はいいから、
 何をやったらいいのかだけ
 教えてよ!」

この様な発言は、
一時的な結果しか生まないし、
再現性が全くありませんので、

この様な思考を持っているなら、
是非この思考を今すぐ頭から
排除しましょう。

 

 

商品を変える事で売上が上がるのではなく、

商品価値の伝え方を変える事が出来れば、
同じ商品でも売上は上がります。

 

1カ月前から、
あまり売れないにも関わらず、
手法を変えていない事はありませんか?

 

 

関連記事
カテゴリー