新規 vs リピート率アップ | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-05-30

新規 vs リピート率アップ

サッカー、好きですか?

僕はもう20年近く、
レアルマドリードのファンで、
昨日の早朝から発狂していました。

チャンピオンズリーグの結果を
知らない方はすみません。。。

(ちなみにチャンピオンズリーグと言うのは、
 サッカーの話なんですけど、
 ヨーロッパの各国のリーグで上位に
 なったチーム同士が予選、本選と戦い、
 ヨーロッパNO.1を決める大会です)

 

遠足の前の日の気分で、
ほとんど寝れず、
1時半くらいに目が覚めて、
それから3時半位のキックオフまで
起きっぱなしでした。

 

僕のマンションの両隣の人は、
1人で僕が早朝から発狂しているので
きっと変な人だと思われています。

まあ、変な人ですが笑

 

カセミロ最高!!
ロナウド最高!!
ジダン最高!!

 

という事で、今日も気分全開で頑張ります!

好きな事持つのはいいですね。

 

 

——————————————

では今日のお話ですが、

新規顧客の呼び込みにおいて
考えるべき事です。

 

 

新規顧客獲得においては、
どれ位の条件で値引きをしたらいい?

という事は、よく悩む事だと思います。

 

ホットペッパービューティの例えを
よく使わせてもらっていますが、

この例えが一番わかり易いので
今回も。

 

20%OFF、30%OFFが
新規顧客獲得の主流になっています。

 

まったくあなたの事を知らないお客さんが
あなたの美容室にやってくる訳で、

そのお客さんの選別をすべく、
初回値引き設定をいろいろと考え、
出しているんだと思います。

 

でも実は、
この入り口だけを考えてしまうと、
良い収益モデルが出来なくなります。

 

 

まずココで理解しなければならないのは、

「いい施術をしたからきっと次回も
 来店してくれる」

と考えてしまう事が間違いだという事です。

 

 

多分、身をもっての経験においても

「あれ、なんで再来してくれないんだろう」と

思った事もあるでしょう。

 

 

コレ、お客さんの立場になって考えると、
比較的カンタンに理解は出来ます。

 

飲食店が最もわかり易い話なので、
飲食店に例えてみます。

 

ココ数カ月内で、
「この店メチャ美味しい!」と思った所、
きっとあったと思います。

 

でも、その飲食店に
最近、行ってますか?

 

行っていないなら、なぜでしょうか。

 

 

何度も僕のブログで言ってますが、
再来しない理由と言うのは、
施術に満足できなかった訳では
ありません。

 

僕の無料動画セミナーでも
お話をした事なのですが、

新規の再来と言うのは、
コッチが待っていても、お客さんは動きません。

 

コッチからアプローチする事が大切です。

 

飲食店においても、
集客が上手なところと言うのは、

一度来店したお客さんの顧客名簿を作り、
その名簿に色んなDMを出し、

お客さんを待つのではなく、
お客さんにアプローチをしています。

 

ハガキは1枚52円。
客単価5000円だとすると、

ハガキ100枚で5200円なので、
100人に1人以上来てくれたら
経費はペイ出来て、
しかも再来を繰り返してくれる様になります。

 

 

僕の仕事においてもそうなんですけど、
何度か依頼をしてもらって、
その後依頼されない方もおられます。

でも、コチラから何らかのコンタクトを取ると、

「今こんな事で悩んでいて…」という話を
頂いたり、仕事につながったりもします。

 

 

入り口の顧客選別を考えるよりも、

2回目以降の来店の仕組みを作る方が
よっぽど大切です。

 

今と同じ広告費であっても、
リピート率を上げる事が出来れば、
1年間でどれだけの売上増が出来るか。

 

 

40%のリピート率が50%になったら、
60%になったら、

1年間の新規顧客数を出してみて下さい。

 

 

仮にですけど、月に30人の新規顧客が
来店してくれているなら、

年間、360人です。

 

今、リピート率が40%だとすると、
360×40%=144名がリピート顧客です。

このリピート率が50%になると、
360×50%=180名がリピート顧客になります。

 

36名増えました。
たったの10%アップで、
36名×客単価5000円=18万の売上アップです。

 

 

20%アップなら、30%アップなら、と
考えていくと、

そして、2回目来店だけではなく、

3回目、4回目の来店までの取組みも行うと、、、

売上は化けます。

 

 

大切なのは、
「待ちの商売」ではなく、
「積極的アプローチ」です。

 

 

これからは人口が減ってきます。

なので、新規顧客獲得は難しくなります。

 

では、今考えるべき事は何かと言うと、
新規入り口から継続来店への流れを
お店としての仕組みを持つ事です。

 

 

難しい事は言いませんが、
コチラからアプローチする事により、

反応してくれるお客さんは必ずいます。

 

一度でも来たお客さんにDMを出して、
反応がゼロだったという事は過去にありません。

 

 

面倒くさい事かもしれないですが、
面倒でも、お店のパターンに組み込めば、

ひとつの基本業務として落ち着きます。

 

 

僕が、
「最強の集客ツールは何?」と聞かれると、

ネット広告ではなく、
ホームページではなく、
フェイスブックでも無く、

間違いなく、DMと答えます。

 

 

新規、新規と目を向けがちですが、
せっかく広告費を払って獲得したお客さんを
いかに継続させるのか、

コレをやっていかなければ、
ザルの穴を埋めていく事が出来ません。

 

 

今日は結構なヒントだと思います。

具体的な事がわからなくても、
とにかく顧客リストにアプローチを
お店側から行う、と言う事は、

やらなければならないのに、
あなたの周りの競合店舗は
ほとんどやっていません。

 

他店に勝つ事が出来るのは、
広告費に掛ける費用もそうかもしれませんが、

それよりも、

再来の流れを作る事です。

 

一度、顧客リストを整理してみて、
ハガキDMを出してみてはどうでしょうか。

 

 

せっかくの月曜日、
リフレッシュもいいかもしれませんが、

今後の戦略を考える時間に使うのも
良い事だと思います。

 

 

では今日も良い1日を!!

 

———————————————-

「リピート率アップ」
「来店頻度アップ」

お店の【勝ちパターン】として
取り入れたいなら、

お問い合わせから、
案内状希望のメッセージを
送って下さい。

※オンライン上では案内しないので
 お問い合わせ内に、

・店舗名
・担当者名
・住所
・TEL
・ホームページ

を入れて送って下さい。

 

 

 

関連記事
カテゴリー