2016-05-31

広告キャッチの付け方

今日もまだ、
レアルマドリードの
チャンピオンズリーグ制覇に
酔いながら仕事をしています笑

ジダン監督が続投になりそうで安心です。

来年、どんな選手を補強するのか楽しみで、
レヴァンドフスキに来てもらいたい所です。

 

僕の人生でしたい事リストの中には、
クラシコ(バルサ vs レアル)を
生観戦する事も書かれていて、

ぜひ、優勝を左右するクラシコで
生観戦を実現したいと思っています。

きっと発狂しているでしょう笑

 

 

5月はこの数カ月で一番と言っても良い位
とても忙しく、

したい事が満足に出来なかったので、
その分、6月をめいいっぱい実行しようと
思っています。

 

いつも僕が思うのは、
独立して仕事しているなら、
やっぱり自分の成し遂げたい事に対して
向かっていく事が大切ですし、

自分が実現したい事を忘れる事無く、
中途半端に周りを見るのではなく、
自分のゴールにまっしぐらで向かう事こそ
商売の醍醐味では、と。

 

 

この仕事をしていると、
共感頂けない方もたくさんいますが、
僕は共感してくれる方がいたらそれでいいし、
周りに合わせる必要なんか無いと思います。

 

一緒に人生の目標を実現したいですね!
目標を見失わない様にしましょう。

 

 

 

さて、話は変わりまして。

広告の見出し(キャッチ)の付け方って、
結構悩んだりしますよね。

 

結構使える、鉄板キャッチの付け方を
1つご紹介したいと思います。

 

もちろん、いろんなパターンが存在しますが、
今日ご紹介するものは、

メチャ簡単ですけど、
慣れるまでたくさん書いて頂く事で、
自分のスキルになります。

 

POPなんかでも、
数枚書いても、なかなか技術になりません。

数十枚、100枚書いていくと、
書き方が身についてくるものです。

小手先テクニックにしてはいけません。
底力にしなければなりません。

 

 

広告キャッチの話に戻りますと、
まず、読まれないモノと言うのは、

・店が言いたい事を書いている
・ありきたりのメッセージになっている

この2つは、代表的な読まれないキャッチです。

 

 

例えばですけど、
美容室の広告見出しで、

「髪がキレイになる…」って書かれてても、

「そりゃそうでしょ!」と思われるだけで
何という反応は取れません。

 

 

サントリーのWEB広告だったと思うのですが、
半年位まで出していた広告が、
青汁の広告だったんですけど、
この広告は上手いなーと思いました。

それは、

「青汁、まだ信じてる?」

っていう見出しです。

 

広告文字の背景には、青汁がグラスに
注がれたモノが書かれていて、

自ら販売している商品を否定する様な
信じてる?のメッセージを入れてました。

 

結果はどうだったか知りませんが、
販売者が言わない様な事を言う、というのは、
1つ使えるパターンです。

 

 

それよりも、今日は違うパターンで、
なおかつ、お客さんが見たくなる様な
キャッチの付け方です。

 

それは、

「お客さんが頭の中で言ってる事を書く」

という事です。

 

 

例えばですけど、
ダイエットサプリの広告なら、

「サプリを飲んでいるという安心感が
 私を太らせてしまった・・・」

とか書かれると、

「うわっ、私の経験だ!」となり、

続きを読みたくなります。

 

自分が頭の中で話している事を
この様に言葉で書けば、

「コレは私の為の広告かも」と、
注目を引く事が出来ます。

 

 

美容室の例えなんかで言うと、

「良いトリートメントをしているのに
 何でギシギシになってしまうの?」

 

とか書かれたキャッチを見ると、

「あ、私だ…」と考えてくれる女性は
結構いるのではないでしょうか。

 

 

 

お客さんと言うのは、
自分の悩みを解消したいか、
自分のなりたい姿を求めているか、

どちらかでしかありません。

 

 

考えなければならないのは、
美容室に来店している時と言うのは、
お客さんは気分が良い状態です。

 

そして、自宅に帰って、毎日過ごしている中で
毎日のセットが上手くいかないとか、
髪の傷みを感じたりという経験から
悩みを思い出します。

 

美容室に来ている時は、
悩みを忘れてしまっているのです。

 

なので、その悩みを来店時に思い出させる様にし
日々のお悩みを解消してあげる提案をする前に、

まずはお客さんに日常の悩みを
思い出してもらう必要があります。

 

 

人間と言うのは、
悩みに直面した時にだけ、行動します

 

笑顔であふれた美容室に来て、
スタイリストさんと楽しい話をしていると、

良い気分のまま、帰っちゃいます。

悩みを思い出す事さえありません。

 

 

このブログを見て頂いている方は、
きっと、集客、収益アップについては
もっとやりたい、と望んでいると思いますが、

集客、販売促進の基本は、
ポップ作成が1番です。

 

本を見て、何度も何度も書けば、
反応の良いPOPを作り出す事も可能です。

 

POPを作る前に、
日常生活の中であなたが気付いたら買っていた物、
キャッチ等で心を惹かれていたのかもしれません。

飲食店のメニューも同じです。

 

日常生活の中にも、収益アップのヒントは
たくさん隠されています。

 

販促物を何とか作りたい!と思っていると、
他業種のお店に行った時でも、多くのヒントが
見えて来る様になるものです。

 

生活の中で収益のヒントを得られるかどうかは、
あなた次第ですよ。

 

では今日も良い1日を!!

 

 

 

 

 

関連記事
カテゴリー