休む事の重要性 | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-06-13

休む事の重要性

お仕事のパートナーさんが、

「子供が産まれました!」

というLINEを朝イチで
写真付きで送ってくれました。

 

 

産まれたての赤ちゃんは本当に可愛いですね。

思わず涙が出ちゃいました。

 

なんか、人の嬉しい話って、
コッチまでも嬉しくなりますね。

 

 

 

僕が独立して仕事をするとき、

人に喜ばれながら出来る仕事、
というのが1つの基準でした。

 

アチコチ壁にぶつかりましたが、
人との出会いが自分を支えてくれ、

今の仕事を続けていくキッカケに
なりました。

 

 

美容師さんの仕事もそうだし、
僕の仕事もある意味そうですけど、

人、お客さんに幸せを提供する仕事。

提供する側がやるべき仕事をして、

「ありがとう」

と言われながら商売が出来るって、
本当に幸せだと思います。

 

誰かに何かを提供してあげる為に
勉強し、改善し、
人に笑顔を提供する。

 

 

裏方さんの仕事なら、
お客さんから直接、感謝の言葉を
もらう事はありませんし、

僕たちは直接、接した人からの
感謝の気持ちを受け取れます。

 

改めて、良い仕事だと思います。

 

 

そして僕は家族を失ったので、

自分が守るべき人、
幸せを共感できる家族を
早く手に入れたいなと思ってます!

 

 

話は変わりますが、
昨日は仕事を昼で切り上げ、

リフレッシュの時間に使いました。

読書、マッサージ、
あ、あと、一人なので、
家事、洗濯です笑

 

 

昨日はいつもと違う本。

というのも、
勉強するための本ではなく、

「休む」ための本を読みました。

 

 

その本に書いていたのは、
人のエネルギーについて。

 

・64%の人が、
 7~8時間の睡眠を取っていない

・73%の人が一度に1つの事に
 集中するのが難しいと感じている

 

・64%の人は、仕事中に
  頻繁にいら立ち、不満、不安を
 感じている

・66%の人は、仕事上の決断は
 自分自身が定めた明確な目的より、
 外部、他人からの要求に影響される
 事が多い

・61%の人は、自分が最も得意な事、
 最も楽しめる事をする時間が
 ほとんどない

 

こんなの書いてました。

 

 

僕がお付き合いしている
美容室の経営者さんでも、

仕事が終わるのが毎晩、
9~10時位、

そしてそこから技術に関する
勉強をして、

寝るのが毎日2時位って方も
おられます。

 

 

学生のとき、

頭がいい子っていっぱい
いたじゃないですか。

 

ちょっとしか勉強しないのに
覚えるのがメチャ早かったり。

 

僕は頭が悪い側なので、
時間を掛けて勉強しなくては、と
過剰に時間を掛けてました。

 

 

でも、いざ商売となると、

時間を掛ければ良いってモノでは
無いんだなとつくづく感じます。

 

 

休んでいても、
頭には仕事の事ばかりがよぎり、

休みでも、頭が休みにならないとか、

よくありますよね。

 

プレッシャーを感じれば感じるほど、
こんな状況になります。

 

僕も自分の目標には
まだまだほど遠い状態なので
常々焦るのですが、

この本を読もうと思ったのは、

自分の1日の効率を上げ、
ストレスとうまく付き合える様な
毎日を過ごし、

生産性を上げたいな、と思い
買っちゃいました。

 

 

その本の中に書いているのは、

「どの業種・業界においても、
 大きな成果を出している成功者は、

 練習時間、仕事時間と同様に、

 8時間以上の睡眠と、
 十分な休息時間を取っている」

という事でした。

 

 

休む時とか、
リフレッシュの時とか、

ダラーッとしてしまいがちですが、

結果を出している人というのは、
仕事以上に休む時間に注力し、

人が成果を出すために必要とされている、

・身体
・情動
・頭脳
・精神

の4つのエネルギーを最大限に
生かす事に集中してるそうです。

 

 

確かに、精神の部分については、

リフレッシュさせる時間を
取る事は軽視されてますね。

 

 

という本を読んだので、

今日はお昼からは
精神のリフレッシュに
思い切り費やそうと思います。

 

 

自分を大切にしてない人は、
人に対しても、大切に出来ないと
思いますし、

毎日クソ真面目に仕事することも
悪くはないですが、

 

たまには精神の回復なんかに
時間を取ってみてはどうでしょうか。

 

 

という、緩い話でした。

 

 

全国で色んなセミナーをしたいですが、
段取りが全く出来ていません。

 

どこかであなたとお会い出来たら
楽しいでしょうね!

 

 

では今日も良い1日にして下さい!

 

 

 

関連記事
カテゴリー