【美容室】全否定は怪しくなる・・・ | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-07-23

【美容室】全否定は怪しくなる・・・

 

色んな勧誘を受けやすい私。

 

何でか分かりませんが、

始めてお逢いする方からも
変な宗教チックな誘いとか、

怪しい仕事とかを勧められる事が
よくあります。

 

先日もそんな事があり、
イヤな気分で家に帰りました。

 

 

「あなたの生き方は間違えてる」

とか、

「あなたのやり方は違う」

とか、

 

人を言いくるめようとする方々は、

この様な発言をよくしてきますよね。

 

 

 

「私の考えが間違いない」

「私の言う事を聞きなさい」

こう伝えたいんでしょうけど、

この様に高圧的にされると、
余計に心を閉ざしてしまいます。

 

 

 

実際、世の中に「絶対」というモノは
そんなにありません。

 

でもこの様に、

・自分自身の否定をされる
・「私」以外は間違っている

みたいな話をされると、

余計にその人の事を
信頼出来なくなっちゃいます。

 

 

 

でもこう言うのって、

「自分はその様な発言をしてないか」

と考える事も、時には必要です。

 

 

遠回しに競合を否定したりする事や、

遠回しにお客さんの髪のケアを
全否定してしまったりとか、、、

 

 

人は自分の存在価値を
認めてくれない人に対しては

心を開く事なんかありません。

 

 

「~はダメなんですよ」

と、

何気にお客さんに
言ってしまってる事も

ひょっとすればあるかもしれません。

 

 

お客さんを否定する事なく、
それ相応のストーリーと根拠があるなら

聞いてくれるでしょうけど、

 

 

相手の話を一生懸命
聞いているフリをしながら、

「どうやって俺の話に落とし込んでやろう」

なんか考えてる時と言うのは、

見透かされてしまいます。

 

 

 

モノを提供する側と言うのは、

「買ってほしい」

「やって欲しい」

という欲求がゼロになる事は
ありません。

 

 

俺にはそんな要素はない、

と僕自身も思いたいですが、

 

 

こういう被害者?経験をしてしまうと、

自分の言動はどうなのかなあと
考えさせられます。

 

 

 

僕がお友達の様に
お付き合いさせてもらっている美容師さん。

2週間先の予約までパンパンです。

 

 

僕はこの方を尊敬していますが、

この方がよく言ってるのは、

 

「他の美容室も行ったらええねん」

とお客さんに。。。

 

フツーにお客さんにこんな事を
言ってます。

 

 

「ウチが絶対良い訳じゃないよ」

と言う事さえもお客さんに
言ったりしています。

 

 

ただ、ココのお客さんは、

このお店を離れられません。

 

リピート率はエグいです。

何においても僕は
この方から学ぶ事ばかりです。

 

 

 

この言葉を言うべきかどうか、
ではなく、

 

この方は、

・ウチで出来るのはこんな事
・ウチは絶対じゃない
・ウチ以外にも良い所、良いモノはある
・他店の事は知らないから利用してみたら?

と、

 

お客さんに何も強制していません。

 

 

人が信頼する部分って、
こう言う事なんだろうなと

この方を見ていて、いつも思います。

 

 

そりゃ技術も接客もスゴイですが、

接客は直接的なモノではなく、
お客さんを認めている、と言う所から

お客さんが心を開くんでしょう。

 

 

お客さんを洗脳するかの如く
接する事は無いでしょうけど、

 

まずお客さんに接するには、

お客さんを「尊重する」事が
最も大切ですね。

 

 

お客さんでなくても

相手を尊重するという事は
コミュニケーションの入口です。

 

 

聴けば良いというモノではなく、
一生懸命その人の事を理解しようと

心から聴いているのと、
ウワベだけで聞いているのと、

大きな違いです。

 

 

先日僕が経験したイヤな
想いと言うのは、

「うんうん、聞いてまっせ」

という、ウワベの聞いてるフリを
されてました。

 

 

コチラが話す前に、
相手が話す事が決まってる時って

話す気にもなれません。

 

 

勧める前には、
真剣にお客さんを理解する事って
大事だな、と

反面教師的に思ったお話でした。

 

 

ユルユルですいません。

 

では今日も良い1日を!!

 

 

関連記事
カテゴリー