【美容室】忙しい=収入限界? | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-08-20

【美容室】忙しい=収入限界?

 

「あー忙しい、忙しい!!」

 

繁忙期とか、土日とか、
頭の中ではこんな言葉で

いっぱいになるかもしれません。

 

 

そして、

「あー、今日もよく働いた」

と言う、充実した1日を
終えると思います。

 

 

 

 

忙しい時というのは、
大抵は今日1日の仕事での忙しさ。

 

今日1日が忙しくなれば
仕事に充実感を覚えてしまい、

心が満たされがちです。

 

 

 

そして忙しい時にこそ
気を付けなければならない事が
あります。

 

考えなければいけないのは、

「自分の目標に対して、
 これから何をしていくべきか」

です。

 

 

普通に働いていると、
その日の忙しさに最も注力し、

その忙しい今日、
今後の事を考えなくなります。

 

 

商売をしていると
忙しい「今日」が毎日続く事は
保証されません。

 

忙しい日は忙しい日。

 

 

そして、

【今の毎日の行動の延長線上に
 自分の目標があるかどうか】

この様な自分との答え合わせについては
毎日考えなければなりません。

 

 

忙しい時をピークと考えると、

そこから問題点を改善しようと
しなくなります。

 

時間の使い方、
顧客単価の上げ方、
来店頻度の上げ方、
もっと集客する方法、

この様な事は
忙しい時には頭から
ブッ飛んでしまいます。

 

 

言い方が悪いですが、

アリとキリギリスの物語でいう

キリギリス状態になってしまいます。

 

 

 

 

僕の話を言うと、

今はメチャクチャ忙しいです。

 

 

とは言っても、
少し遊ぶ時間は何があっても
確保します。

 

適度に遊ばなければ
頭が固まってしまい、
新しい発想も生まれませんので。

 

遊ぶ時間を前もってブロックし、
それ以外の時間の使い方を
調整する様にしています。

 

 

 

仕事に集中出来ないとか、
これからの事を考えられないとか、

この様な思考になっている時というのは、

「今の自分」に満たされている
可能性がとても高いです。

 

そして自分を客観視出来なく
なってしまいます。

 

 

忙しい時は、

ヒマな時よりも収益が上がります。

 

 

でも、
今の忙しさをどの様に軽減し、

もっと短い時間で同じ収益を上げ、
もっと収益を上げる為の方法を

常々考えなければなりません。

 

 

「そんなん言ってもわからんし」

と、考える事から逃げてしまうと
今の忙しさと今の収益からは

脱皮出来なくなります。

 

発想が何も生まれないのは、
考える事を放棄しているだけ。
(満たされてるかもしれません)

 

 

 

日本の中でも、
同じ業種の方々でも

もっと収益を上げている人も
たくさんいます。

 

 

その人たちは決して特別ではなく、

小さな改善を繰り返し
今の状態があるのでしょう。

 

 

ヒマな時にいろいろと考えるのは
フツーの人です。

 

忙しい時にこそ、
次のステージに向かう方法を
考える事が出来る人が

もっと上に行きます。

 

 

僕は今も、
他人から学ぶ事を継続してますが、

 

その他人というのは
僕の数倍の成果を出している人。

 

友達とか、
仲の良い仲間に聞いても

正しい答えが出てくる訳では
ありませんので。

 

 

 

ヒマな時に考えるのは、
そのヒマが続くのが怖いから。

 

忙しい時に考えるのは、
もっと上を目指すから。

 

 

収益を変えるのは、
この違いだと思います。

 

 

もっと働き、もっと楽しく
もっと遊び、

もっと自分のしたい事をする。

 

現状に満たされず、
忙しい時こそ次のステージへの
改善案を考える。

 

 

と、僕は自分に言い聞かせ
毎日日記を朝から書き、

自分が働く理由と目標を
整理し、行動しています。

 

 

最初の頃は、
ブログ一つ書くのに約2時間
掛かっていました。

 

でも自分の行動を改善し続け、
今では約15分で書ける様に
なりました。

 

 

 

周りから見たら変な人に
見られても、

自分の目的・目標を
達成する事の方が大切ですね。

 

 

今日もきっと忙しいでしょうが、

いつも行わない事を何か1つ
チャレンジしてはいかがでしょうか。

 

 

では今日も良い1日をお過ごし下さい。

 

——————————————————————————–

【7回の無料動画で収益仕組み化ノウハウを提供】
無料動画セミナーを

まだ御覧になっていない方は
コチラから

——————————————————————————–

関連記事
カテゴリー