【美容室】客単価アップした取り組み | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-08-29

【美容室】客単価アップした取り組み

 

「成果が出ました!」

 

この仕事をしていて、
本当にうれしいのは、

こう言った声を頂いた時です。

 

 

「POPを真剣にやり始めて
 20万弱の売上が出来ました」

と、先日僕のPOPコンテンツを
申し込み頂いた方から

ご連絡を頂けました。

○○さん(匿名)

 

デカイですよね、20万。

 

今後はもっとたくさん
販売して頂けるでしょう。

僕も期待しまくってます!

 

POPコンテンツ案内はコチラから

http://genkibiyoushitsu.com/rcvrcv11

 

—————————————————————-

 

「POPなんかで売れへんわ」

「POP嫌いだし」

「美容室らしくないし」

 

こんな心の中の意見は
きっと持っていると思います。

 

 

でも実際、
POPで月間30万程の売上を
作っている美容室さんも存在しています。

 

 

ではなぜ、POPでモノが
売れるのでしょうか。

そしてなぜ逆に、
接客では売れないのでしょうか。

 

 

POPのパワーを僕が知ったのは
サラリーマンの時。

 

独立してPOP作成法について学び、
独自の理論ではなく、人間心理的観点から

「誰でも学べば出来る技術」として

POP作成法を現在販売をしています。

 

 

答えはカンタンで、
接客で商品を販売するには
お客さんにプレッシャーが
掛かるから。

 

 

POPを書く技術を学べば、

お客さんの興味を引き出す方法を
理解できるのはもちろん、

接客で何かを勧めて、
後味の悪い雰囲気になる事は
まずありません。

 

POPでは、

「何これ?」と、

お客さんが興味を示した合図を
出してくれる様になります。

 

 

 

今日はPOPの事を
言いたいのではなく、

「武器を適切に使いましょう」

という事を理解する事が
大きな収益につながる、

という事です。

 

 

DM、POP、チラシ、
SNS、ネット広告、アプリ。

 

上記のモノはすべて、

使用用途ごとに使い分けができます。

 

 

POPを活用する理由は、

客単価を上げる、という目的。

 

 

DMを活用する目的は、、、

SNSを活用する目的は、、、

と、

各々の媒体は、
・誰に
・何の目的で
・どんなアクションをして欲しいか

を明確に理解しておく必要が
あります。

 

 

求めるお客さんへのアクションを決め、

その上で適切な媒体を選択し、

お客さんから最大の反応を得る事が
出来る様になります。

 

 

 

「やった事無いからやってみよう」

と言う思考になると、

1度2度やってみて、
ダメなら二度としない、となります。

 

 

一方、最初にご紹介させて頂いた
とある美容室経営者さんのPOP。

 

枚数を書きまくっているはずです。

 

書いて、お客さんの反応を見て、
改善検証の繰り返し、という風に

日々前に進めている結果が
出てきているんだと思います。

 

 

私たち経営者は、

決して媒体のせいにしてはいけません。

 

媒体に載せる内容を決めるのは
私たちだからです。

 

大切なのは、媒体ではなく、
正しい活用の方法です。

 

僕の無料動画で言ってた
・マーケット(対象客)
・メディア(広告媒体)
・メッセージ

この3つがリンクして
初めて結果が爆発します。

 

 

客単価を上げる事が出来る媒体は?
新規顧客を呼ぶ事が出来る媒体は?

そしてどの様なメッセージを
どの様なお客さんに向けて発信するか、

これが集客の根本ですね。

 

 

長くなりそうなので、

このあたりで終わりにしておきます。

 

 

あなたの広告でも、
今以上にもっとヒット率を高める方法も
隠れているのかもしれません。

 

新しい取り組みを始めるより、
今までやってきた取り組みを
見直す方が、

収益を大きく改善するポイントが
隠れている事が多いです。

 

 

接客での進め方、
ディスプレイの仕方、

色々とありますが、

望む反応が無いのに
何もまだ手を付けれていないなら、

この機会に少し見直してみては
どうでしょうか。

 

 

では今日も良い1日を!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【美容室経営者さん限定】
7回の無料動画セミナーで
集客法、収益アップ法をまだ学んでない方は
コチラ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

関連記事
カテゴリー