【美容室】経営理念、作ってないの? | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-09-21

【美容室】経営理念、作ってないの?

 

このブログは昨日作ったもので、

台風で僕の地元和歌山が
大雨の真っただ中。

 

昨日は少し買い物に行きましたが、
今週は出かける事を控えめにし、

次のコンテンツ作成のための
時間を取っています。

 

 

僕が今まで学んできた事を
まとめたコンテンツになるので、

是非楽しみにしておいて下さいね!

 

 

———————————————————-

 

あなたの地元にも、
色んな企業家の集まりがたくさん
あると思います。

 

なんとか同友会とか、
なんちゃら会とか。

 

 

僕も以前は入ってました。

 

そして、そんな集まりで
最初に言われるのが、

 

「経営理念を作る事」。

 

最初は腹落ちしませんでしたが、
よくよく考えてみると、

自分では既にその理念を
持っている事に気付きました。

 

 

僕はこの仕事を通じて、

周りに心身共に豊かな人を作り、
互いに高め合える環境で

仕事、生活をする人たちと過ごす。

 

コレを自分の理念にしています。

 

 

じゃあ、あなたの美容室の
経営理念って、

どんなモノでしょうか?

 

 

例えばですが、

「髪をキレイにする」

という理念であれば、

髪に特化したサービスを
提供する事になります。

 

 

でも、

「笑顔の毎日を過ごしてもらう為に
 心と見た目のキレイを提供する」

という風に経営理念を持つと、

提供するサービスが変化していきます。

 

 

この時に大切なのが、

・誰に
・何を
・どの様に

提供するのか。

 

 

この経営理念が明確でなければ、

お店の対象のお客さんが
ブレブレになってしまいます。

 

 

「誰」と言っても、

・30~50代の女性に

という事だけではなく、

「~を求めている、~したいと思っている」

という形容詞を付ける事で、
その対象者が明確になります。

 

 

 

僕自身も、
多くの経営者さんに出会い、

多くの経営者さんとお付き合いをし、

多くの経営者さんとお付き合いを
辞めてきました。

 

 

この基準は、
自分の理念に合うかどうか。

 

コレを持っておかなければ、
招くお客さん像がブレますし、

招かれざる客を招く事にも
なりかねません。

 

 

不思議なモノで、
自分の理念があると、

自分がお付き合いしたい方のみが
自分の周りにやってきます。

 

一時的に、お付き合いを望まない方が
近くに寄ってきても、

お付き合いは続きません。

 

 

これは集客と同じ。

 

そして、それだけではなく、
来てくれたお客さんにどの様な
サービスを展開すべきかについても

変化していきます。

 

 

最初に紹介した、2つの理念。

「髪をキレイにする」と、

「笑顔の毎日を過ごしてもらう為に
 心と見た目のキレイを提供する」

の違い。

 

提供するサービスは、
この2つは大きく違います。

 

 

そしてこの考えが、

「バックエンド商品」と言われる、

【収益化商品】とも言えます。

 

 

入口は、カットやカラーなど。

 

でも、その先に、
あなたが対象としているお客さんに

どの様なサービスを提供するか。

 

そして、どこまで深くお客さんと
接していくのか。

 

 

一般的によくある考えとして、

「この様な商品を販売しよう」と、

「商品」にフォーカスしがちですが、

 

そうでは無く、
対象としているお客さんが
何を求めているのか。

コレを決める事が先決です。

 

 

どうでしょう。

経営理念とまで行かなくても、

あなたの対象のお客さんが誰か
というスタンス、

明確になってるでしょうか。

 

 

対象は、商品ではなく、

常にお客さん。

 

 

ココがブレなければ、
長期的な経営方針を見出す事が
出来る様になる、と

僕は学びました。

 

 

以外な抜け穴かもしれませんが、

誰でもかれでも招くのではなく、

対象のお客さんを明確にし
その方々に、未来のなりたい姿を
提供してあげる。

 

これが理念と言う、経営の軸かなと
僕は思っています。

 

 

僕のコンテンツでも、
直接収益に結びつかないモノも
ありますが(思考法など)、

これは、僕がこの様な事を
共有し合える方々に、

まず基本原則を共有したいから。

 

 

この様な事を明確にすると、

販売する商品さえも変化します。

 

 

岐阜で有名な、
米満さんとタッグを組んで
美容室経営をされている杉山さん。

この杉山さんは、
この様な事を明確にされていて、

一般的には信じられない様な製品も
販売しています。

 

ケタ数が違う商品です。
(あくまで一部の話です)

 

 

収益を上げる為に、

「客数を増やすぞ!」と

考える事よりも、

今のお客さんにどの様なサービスを
提供してあげるか、

コレを深く掘り下げる事が出来れば
大きな収益にもつながるでしょう。

 

 

長くなっちゃいましたので、

今日はこのあたりで・・・

 

 

それでは今日も良い1日を!!

 

——【お知らせ】——————————————–

経営者にとって、最も大切な

「時間」。

この時間を有効に活用し、
より収益を上げたい方はコチラ

—————————————————————–

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【美容室経営者さん限定】
7回の無料動画セミナーで
集客法、収益アップ法をまだ学んでない方は
コチラ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

関連記事
カテゴリー