2016-10-26

【美】顧客の声の質を上げる方法

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
【美容室経営者さん限定】
7回の無料動画セミナーで
集客法、収益アップ法をまだ学んでない方はコチラ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

大阪市内のドトールより、、、

 

最近、メルマガを書く時間を
探すのがハードになってきました。

 

とは言え、
今の忙しさが続くのは
この土曜日までとなるので、

あと少しで乗り切れます。

 

 

来月は来月で、
ケセラセラと行く事にします。

 

 

今、今日を悔いのない時間に
する事が大切ですねえ。

 

 

————————————————————-

 

 

たぶんコレを見ているあなたは、

マーケティングなんかを
結構学ばれていると思います。

 

となると、
「お客様の声」の重要性は

既に理解されてると思います。

 

 

お客さんの声ほど、
見込みのお客さんにダイレクトに
欲求を高めさせるメッセージは
なかなかありません。

 

 

という事で、
今日は具体的なお話。

 

 

お客様の声の取り方については、
過去のブログで何度か
話をしていますが、
今回は少し別の切り口で。

 

カウンセリングシートにも
活用できます。

 

 

お客さんというのは、
基本的には書いてくれません。

 

書いてくれないと言っても、
面倒という理由だけではなく、

どこまで書いてよいのかどうか
わからない、っていうケースも
結構多くあります。

 

 

これこそ言葉のパワーなのですが、

【例文を具体的に書く】

という作業をしておくと、
お客さんは答えやすくなります。

 

 

カウンセリングシートなら、

「いつも家に帰ると…になる」とか、
「〇〇の部分だけ、いつも切られすぎる」とか、

こういった具体的な事を
質問と回答のスペースの間に
わかりやすく書いてあげると、

「こんな感じで書いていいんだー」
「こんな些細な悩みでも書いていいんだ」

と、書いてもらいやすくなります。

 

 

 

 

また、アンケートにおいては、
ポジティブな例文を準備しておくと、

ポジティブな発想の中から
【良かった事】を書いてくれる様に
なります。

 

 

単純な事なんですが、
言葉を少し補足したり、
書き換えたりするというだけで、

お客さんの反応が大きく変わります。

 

 

 

カウンセリングシートって、

意外と使っていない美容室さんも
多いなという僕の印象です。

 

 

接客に強い美容室さんや、
接客に強い美容室経営者さんなら
使う必要はないでしょう。

 

でも、
全てのスタッフがお客さんの
悩みをうまく引き出す事が
出来るって事は、まずあり得ません。

 

 

経営者以外のスタッフは、
いずれは入れ替わってしまうモノ。

 

個々の強みを生かす事も大切ですが、

個々の強みに依存してしまうと
再現性が難しくなります。

 

 

アンケートやカウンセリングシート、

取り入れていない方はぜひ
今のうちに。

 

 

どんなカウンセリングシートが
有効かというと、、、

これは来月案内のコンテンツの中で
ご提供しています。

 

 

ブログではなく、
メルマガの読者さんに
メールで案内しますので、

僕のメルマガ(無料動画セミナー)に
登録されていない方で、

この案内が欲しい方は
すぐに下記から登録してください。

www.genkibiyoushitsu.com/muryou

 

 

それでは今日も良い1日を
お過ごし下さいね!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【美容室経営者さん限定】
7回の無料動画セミナーで
集客法、収益アップ法をまだ学んでない方は
コチラ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連記事
カテゴリー