【美容室】販促物の3つの注意点 | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-11-09

【美容室】販促物の3つの注意点

 

先日、と言っても1ヶ月以上前。
僕が気に入ってる服屋さんから
封筒が届きました。

 

「いつもご利用頂いている
 お客様へ」

とだけ書かれた封筒。

 

とてもキレイな封筒です。

 

その封筒を見たのは、
家を外出する直前に
ポストを開けた時。

 

お出かけ前でバタバタしていて、
後で見ようと思い、
そのままカバンへ。

 

 

服が大好きな僕は
後でじっくりと見ようと思い、
カバンに入れ、

仕事の合間にでも見ようと
考えていました。

 

 

 

そしてその封筒。

カバンに入れた事も忘れてて、
再びその封筒を見たのは昨日。

 

カバンの中身を整理しようと
全ての書類を出した時に
気付いたのです。

 

 

「忘れてた!」

と急いで封筒を開封。

 

欲しい服が色々と出ていて、
よし、行こう!と思いました。

 

 

そしてその封筒の別紙に
有効期限が書かれていました。

 

 

有効期限は、
3週間前に切れてました。

 

せっかく行こうと思った案内、
自分が見なかったせいで
逃してしまいました。

 

 

これはお客さん側としての
経験にすぎませんが、

この様な行動を起こした理由は
売り手側からの仕掛けに
改善すべき点があるという事。

 

 

まず、この封筒を見た時は
封筒の外見しか見ません。

 

「キレイだな」
「〇〇店からの封筒だな」

僕はこの様な印象のみ。

 

 

そして、大切な事。

 

封筒を急いで見なければならない
理由が、

封筒の外側には
書かれていなかったのです。

 

 

DMなんかは、
売り手側からすると、

出したら見てもらえるモノだと
思いがちですが、

僕の今回の様なパターンも
あります。

 

 

 

【DM等に重要な事】

まず、パッと見て
以下のいずれかが必要です。

・緊急性(期限など)
・有益性(自分にメリット)
・具体性(何をどの様に)

 

いずれかの内容が無ければ、
お客さんはそれを見る理由は
ありません。

 

 

今回の僕の封筒で言うと、
封筒の外見は

ご利用者様へ、という事と、
どこからの手紙か、という事のみが
理解出来るモノ。

 

緊急性も、具体性も
封筒の外見では感じませんでした。

 

 

そりゃ、こうなります。

 

 

DMなんかは、
シンプルであればあるほど
お客さんは分かりやすくなり、

反応を示しやすくなります。

 

 

今回は封筒が悪い、
という事ではなく、

封筒で送るなら、封筒の外部に
何かを示す必要があったという事。

 

せっかくお金を掛けて
作った封筒の中身がパァです。

 

 

 

あと、よくあるのは、
書いているのに、目立たない事。

 

「いやいや、ウチは有効期限とか
 ちゃんと書いてるし」

と売り手側が思っていても、

お客さんの目に留まらなければ
何の意味もありません。

 

お客さんってこんなモンです。

 

 

販促物には
絶対的と言っても良いくらいの
ルールが存在します。

 

感覚とか、自分の経験のみで
今まで通りにしてしまうと、

その問題は解決されません。

 

 

僕も自分で作ったモノを
第3者に見てもらう様に
しています。

 

自分では気付きにくいから。

 

 

DM出してるのに反応鈍い、
等の理由というのは、

意外とカンタンな部分に
問題がそのまま残ってるという事も
あります。

 

 

という、僕の些細な経験談でした。

 

お客さんとしての経験こそ、
自らの学びの機会ですね。

 

と同時に、
服の事を書いていると、
服屋さんに行きたくなりました笑

 

 

販促物の基礎等を学んでると、
僕のブログ内容の上っ面の事だけでなく、

自らが複製出来るノウハウを
得られます。

そして、長期的な収益が
上がる様になります。

 

 

学ぶ機会、
十分に取れてますか。

 

 

という事で、今日も良い1日を
お過ごし下さいね。

 

※お知らせ※
【長期的収益アップ】
半年集中コンサルティングプログラムの
案内を再度行います。

案内をご希望される方で
メルマガ登録がまだの方は
下記から登録下さい。

(メルマガ読者さんのみへの案内です)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【美容室経営者さん限定】
7回の無料動画セミナーで
集客法、収益アップ法をまだ学んでない方は
コチラ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

 

関連記事
カテゴリー