【売上が一定で止まる理由】 | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-12-30

売上が一定から止まる理由

 

この前の日曜だったか、

大谷翔平と三浦知良の
トーク番組をしてました。

 

大谷くんはベイブルース以来の
二刀流本格派ピッチャー、

三浦カズはゴール年齢記録を
更新し続け。

 

この2人の対面トークなので
思わず録画しました。

 

 

彼ら2人に共通する事は、

「コツコツ」でした。

 

大谷くんは、
自己啓発方面でも有名な
具体例によく出てますが、

高校1年のときから、
日本最速の球を投げるという
目標を掲げていて、
達成しました。

 

体重を高校3年間で
28kg位増やしたそうです。

 

 

カズはカズで、
日本サッカーを変えた男。

 

コツコツやってる中で、
突然ブレイクの時期が
自分の中に現れたそうです。

 

 

コツコツに勝るものは無いなと
偉大な2人の対談を見て
感じました。

 

まあ、
ブログのコツコツと
プロスポーツ選手では
比にはなりませんがねw

 

 

———————————————————-

 

【コンフォート・ゾーン】

 

いきなりですが、、、

あえて忙しい今の時期に
こんな事を書いてみました。

 

繁忙期は、
精神的にもとても良い状態でしょう。

 

 

 

経営者にとって最も怖いのは

「慢心」なのかもしれません。

 

 

特に何もしなくても、
ネット広告で毎月〇〇名の
新規顧客は来るし、とか、

あのお客さんは
また来てくれるだろう、と
何もアプローチせずに
ポジティブに考えていても

足元をすくわれます。

 

 

忙しくなればなるほど、
また、

ある程度の収入まで来ると、

【コンフォート・ゾーン】

差し掛かります。

 

 

コンフォート・ゾーンとは、
直訳すると、

居心地の良い位置。

 

 

本来の目標までには
到達はしていませんが、

ある程度満たされる収益になると、
この程度が心地よいと
勘違いしてしまい、

そこからさらなる加速を
自ら制御してしまいます。

 

売上がしばらく変わらない、
と言う状況ならば、

ひょっとすればあなたも
コンフォート・ゾーンに
陥ってるのかもしれません。

 

 

自分が年収1000万の人間だと
思っていれば、

現状が700万でも、
1000万に近づきます。

 

 

自分が1000万程度の人間だと
思っていれば、

1500万稼いでいても、
自然と1000万に近づきます。

 

これがコンフォート・ゾーンの
恐ろしさ。

 

 

大谷くんもカズも、
このコンフォート・ゾーンで
休憩をする事無く、

はるかに乗り越えたのでしょう。

 

 

ある程度出来る様になれば、
ある程度稼げる様になれば、

進化が止まる事があります。

 

 

これを自覚するかどうか、
ココが収益の分岐点とも
言えると思います。

 

 

生活が苦しい状況が続いていて、
ちょっとした贅沢をしても
どうこう無い収入まで達すると、

急にスピードが落ちたり。

 

稼ぎ過ぎると、罪悪感を感じたり。

 

これは全て、
コンフォート・ゾーンによるモノ。

 

 

大抵の場合は、慢心によるもの。

 

 

その慢心が起こるのは、
長期的な目標が明確に
なっていないからかも
しれません。

 

 

今だからこそ、
自分の目指す位置を明確に
しておかなければなりません。

 

 

そして自分が今、
コンフォート・ゾーンに
差し掛かっていないかどうか、

自問自答しなければなりません。

 

 

収益を決める一番の要素は
あなたです。

 

掲げている目標を
本当に達成しようとしてるか。

 

微妙な成果によって
満たされていないか。

 

 

経営者の敵は、自分自身ですね。

 

 

年明け目標、
再度見直してみるのも
良いかもしれません。

 

 

あなたの頭の中の
コンフォート・ゾーン、

発している言葉と思考、
合致していますか?

 

 

では今年もあとわずか、
ラストスパートも体に気を付け
頑張って下さいね!!

 

では。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【美容室経営者さん限定】
7回の無料動画セミナーで
集客法、収益アップ法をまだ学んでない方は
コチラ
(動画終了後はメルマガが届きます)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

関連記事
カテゴリー