【美】長期売上を上げるコツ | 美容室高収益仕組み化研究会
2017-01-05

【美】長期売上を上げるコツ

 

今週は昨年末に引き続き、
ほぼ引きこもっています。

 

自分の頭の中のアイデアを
ノートに書きまくりです。

 

書けば書くほど、
整理されるのはもちろん、
新しいアイデアや、

今まで考えていた事との
色んなつながりが見出せます。

 

 

本当に、言語化って大切。

 

 

 

そういえば今月の仕事は、

今の仕事が2割、
未来の為の仕事が8割、

こんな感じです。

 

 

未来の放置をしておくと、
ドンドンと先細りに
なってしまいますからね。

 

 

今年も、いや、今年は
もっと働きますよ!!

 

そして遊ぶ時は
思いっきり遊べるように
メリハリのある生活を
心掛けています。

 

 

——————————————————–

 

 

【長期的な成果を出す取り組み方】

 

マーケティングをある程度
勉強してきた、と言う方が
ほとんどだと思います。

 

でも、
その学びを十分には
活かせていないんです、

と言う相談は本当に多く、
ココがいわば収益分岐点とも
考えられます。

 

 

僕がお世話になっている
中村仁さんから教えてもらった
事なのですが、

成果を出す人の取り組み方には
特徴があるとの事。

 

 

具体的な事は言えないですが、

1つの考え方について
共有させて頂きます。

 

 

まず、誰もが思う事。

 

「この取り組みをすれば、
 こんな感じになるだろうな」

と、ある程度のゴールが
見据えられる事については

誰もが取り組めます。

 

 

一方、

この取り組みをしても、
どうなるだろうな…

と言う状態であれば、
行動に移す人、移さない人と
2分されます。

 

 

そしてここが
収益を分けるポイント。

 

 

例えば、

ホットペッパービューティーに
掲載するなら
〇〇名程度の集客は見込める、

と言うある程度の
「周りの店舗の指標」
があれば、

やってみようかな、と
なる可能性は高いですが、

 

これをやった結果、
どうなるだろうか、
失敗するかもしれない…

となる、

「前例のない取組み」

については、
取り組むかどうかを
躊躇する事も多々あります。

 

 

 

この違いには、
明確な理由があります。

 

 

それは、

・一発で答えを求めたい
・何度か撃って修正、改善する

この違い。

 

 

マーケティングって、
いわば確率を上げるモノ。

絶対的な答えと言うのは
本当にありません。

 

 

とは言っても、

「手掛けなければならない事」

に取組みターゲットを絞り、
それを深く掘り下げていく事が
マーケティングの第一歩。

 

 

まず大切なのは、
どこに目を付けるか。

 

例えば、

・新規顧客数に問題?
・再来に問題?

だけではなく、

再来と言っても、
2回目?3回目?5回目?

と、

どこにバケツの穴があるかを
数値化しなければなりません。

 

 

客単価アップしたいとしても、

・1つのオーダーあたり単価?
・追加オーダーを増やす事が不足?

と、

売上を上げる機会を
どこでどの様に損失しているかを
まずは明確にする事。

 

 

ひと言、ふた言では言えませんが、

必ず収益バケツには
どこかに穴が開いています。

 

大きな穴を発見しても、
その穴が開いている根本要因を
より具体化し、

それに対して試行錯誤をし、
取組みを改善し続ける、

これがマーケティング。

 

 

 

長く同じ商売をしてると、
本当は問題なのに、
改善さえもしておらず
数年同じ事をやってる、

と言う事はどんな業界でも
よくあります。

 

 

 

今どこに問題があるか、

これは冒頭でも書いたように
言語化する事によって
明確になってきます。

 

データを見る事は
こういった意味でも大切。

 

脱、どんぶり経営ですね。

 

 

データを見るのは
こだわり出すとキリが
無いですが、

ポイントさえ抑えておけば
何とかなります。

 

今度のセミナーでも
そのポイントを明確にし、

収益を大きく改善出来る様に
する機会となると思います。

 

 

セミナーに来なくても
自分自身で問題発見をし
改善取組みが出来るなら

もちろん問題はありません。

 

 

客観視した見方が必要なら
是非参加してくださいね。

 

セミナーページは
間もなく完成しますので。

 

 

まずは今の問題が
どこにあるのか、

それをひたすら考えるのも
良い時間の使い方だと
思います。

 

 

接客が苦手なお店で、

お客さんに伝えたい事を
POP風に紙に書き、

セット面に座ってもらった時に
それを渡しただけで、

今までオーダーされなかった
メニューで月に7万程度の
追加売上があがったと言う例も
あります。

 

 

 

何が問題かを追求した
結果の取組みですね。

 

この場合、
費用は紙代だけですからね。

 

 

と言う事で、時間が出来たら
問題に向き合うという事にも
是非取り組んで下さいね。

 

それでは!!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【美容室経営者さん限定】
7回の無料動画セミナーで
集客法、収益アップ法をまだ学んでない方は
コチラ
(動画終了後はメルマガが届きます)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連記事
カテゴリー