2017-05-09

【美】技術じゃない人気秘密

 

林田です。

 

メルマガも、
やっぱり休んだらダメですね。

 

昨日のブログは実は
数日前に書いていたモノで、

それから数日空き、
今日のブログを書いています。

 

 

やり続ける事と、
続ける事によって精度が増す
と言う事を体感しながら
今日のブログを書いています。

 

今週も頑張りましょうね!

 

 


 

 

【完璧よりも「温もり」】

 

サービス提供側と言うのは
カンペキを求めがちだ、

と言う事はこのブログでも
何度も書いています。

 

 

僕が体験した、

「カンペキ」よりも「温もり」

に心を打たれたお話です。

 

 

GWの3日間で
茨城に旅行に行った時の話です。

旅館に泊まりました。

 

 

まずコレ、
最近はメジャーになりつつ
ありますが、

 

 

 

旅館となると、
温泉、お食事と、
共同の場所で食べる事もあります。

 

そんな時に、
私のスリッパです、と
この洗濯バサミでスリッパを
挟んでおくと、目印になるというモノ。

 

 

 

最初にこの旅館の部屋に入り、
コレを見ました。

「すべての旅館でコレをすれば
 いいのに」

と思いながら。

 

 

話が長くなるので、
下記に写真を全部貼り付けます。

 

よくある温泉のヘルスメーター。

家庭のモノと使い方が違うので、
キチンと使い方をマジックで書いてます。

温泉のドアの裏表に
この様な紙が貼っていました。
階段にはこんなクイズがビッシリ。

「今夜はカレイ(華麗)なる食卓」

この様な手書きの絵が
アチコチの壁面に装飾されています。

アンコウが有名な所。
お食事の場所では、
1つ1つ丁寧な説明のPOP。

 

まあ、こんな風に、
アチコチと人間味を感じる
仕掛けが施されていました。

 

 

貼られているポスターや
POPは、

みんな素人感覚を残した
手書きの仕上げ。

 

 

旅館で働いてられる方は
みんな満面の笑顔。

 

「このスタッフさん達が
 作ったんだろうな~」

と僕は考えていました。

 

 

この旅館のどこを歩いても
この様な仕掛けでいっぱいでした。

 

 

 

この旅館で過ごしている時、

旅館のキレイさ、
料理の質ともに
ほとんど気にならなかったんです。

 

気にならなかったというと
この旅館の方に失礼ですが、

何よりも感じたのは
人のぬくもりでした。

 

※ちなみに料理は
 メチャクチャ美味しいし、
 ボリュ~ミィさ満開でした。

 

 

お造り盛り合わせも、

盛り合わせMAPがあり、
左上は何の魚、真ん中は何の魚、と
丁寧に手書きで書いた紙も
置いてありました。

 

食べる時に、

「あー、これが〇〇かぁ~」

と噛みしめながら食べる事が
出来ました。

 

 

 

「すみませ~ん」とスタッフさんに
声を掛けたら、

「は~い!ちょっとだけ待って下さいね」
と、満面の笑みで回答。

 

スタッフさんがそんなにたくさん
居る訳ではなく、走り回ってました。

 

 

しばらく待っていて
スタッフさんが来られると、

「お待たせしましたねぇ。
 せっかくのお食事なのに…」

と、お客さん側の目線でしか
お話をされません。

 

普通、あんなに忙しいと、
テンパってしまうんじゃないかと
思うんですけどね…

 

 

 

 

 

この旅館を出て感じたのは、

味の記憶ではありません。
温泉の記憶でもありません。

 

人の温もりが最も強い記憶でした。

 

 

極端な話ですが、

料理に火が通ってなくても、
チョットしたミスがあっても、

気分を害する事はきっと無かったと
思います。

 

 

※もう一度言いますが、
料理も温泉も最高の旅館なんですよ。

 

 

 

旅館の出口には、
お客さんの手書きの声がたくさん
貼られていました。

そりゃそうやわ、って感じです。

 

 

この旅館は、
味や温泉と言うモノよりも、

人の温もりで競合他社に対し
圧倒的な差別化が行われています。

 

 

 

誰でもミスをします。

 

お客さんが怒る時って、

複数のイライラが重なり、
最後に爆発するモノ。

 

 

 

この旅館は、
イライラとは全く逆で、

複数のワクワクを積み重ねて
お客さんに心の満足を
提供されています。

 

 

もう一度泊まりたい、
としか思えません。

 

 

どうでも良い話ですが、

帰りがけに受付の上を見ると
サカナくんの色紙がありました。

 

 

 

ミスは付き物。

技術のみで勝負と言うのは、
失敗したら一巻の終わりです。

 

 

 

スゴイ技術を持つ事も
良いと思いますが、

人がずっと付き合いたいと思う人は、
人としての温もりがある人なのではと
僕は思います。

 

 

小さなイライラではなく、

小さなワクワクをどれだけ
積み上げる事が出来るか。

 

 

これが顧客満足なのではと
体験出来た一泊でした。

 

 

日記みたいな終わりですね。

 

 

それでは今日も良い1日を
お過ごし下さいね。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
【美容室経営者限定】

仕組み化した収益モデルを作る為の
7回の無料動画セミナーはコチラ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

美容室高収益仕組み化研究会

マーケティングコンサルタント
林田康裕

 

関連記事
カテゴリー