【美】それ、本当にしたいの? | 美容室高収益仕組み化研究会
2017-06-06

【美】それ、本当にしたいの?

 

林田です。

 

 

先日から、
チョコチョコと問い合わせから
相談を頂いています。

 

 

悩みは人それぞれだし、
僕も相談に乗る事でも
色んな学びを得ています。

 

 

今日も新しい1日。

頑張りましょうね!

 


 

【それ、本当にしたいの?】

 

相談を頂く中でも
色んな事、色んな思考が
ある様です。

 

 

「ブログをもっとたくさん書きたい」
「DMから集客したい」

などなど。

 

 

商売をしていたら、
したい事は山積みにありますよね。

 

 

 

で、
僕はこの様な相談を受けた時、
(面と向かって、の場合)

こんな質問をお返しする事も
あります。

 

 

 

「それ、本当にしたいんですか?」
「それ、本当にやりますか?」

です。

 

 

「出来たらいいなぁ~」

という程度の欲求では、
本当にそれをしない、と言う事も
多々起こります。

 

「したい」と頭の中で
思うなら、

これを考える順番があります。

 

 

まず、

①「なぜ、それをしたいの?」

と自問自答します。

 

この質問をすると、
それをする根本的な欲求を
自分で確認する事が出来ます。

 

 

 

そして、

②「それをしなかったらどうなるの?」

です。

 

この質問で、
自分がそれを本当にしたいのか
自分で確かめます。

 

 

 

まず①の質問
「なぜ、それをしたいの?」で、

「それ」をしなくても良いかも、
と言う事に気付く事もあります。

 

と言うのも、

そのしたい事の根本的な目的を
自分で確かめていくと、

それ以外でもその目的を
達成する方法があるからです。

 

 

もっと他の方法でも
目的を成し得る方法が出てきます。

 

 

 

そして、
②「それをしなかったらどうなるの?」

ですが、

本当にそれをしなければいけないのか
自分で再度確かめます。

 

 

掲げている目標を達成する為に
それをしなければいけないかどうか。

 

本当にしなければいけないなら、
それをすれば良いと思います。

 

 

この自問自答の答えがあいまいなら、

実は目標に対しての執着が無い、
と言う事が結構あります。

 

 

 

こうやっていくと、
目標達成しない時の
ボトルネックを発見出来ます。

 

 

 

商売は自由。

何をやってもOKです。

 

 

根本は、
本当にそれをしたいかどうか。

 

それをする以前に自己欲求が
十分かどうかを確認し、

自ら進む方向、意欲を確認すると
自分らしい商売が今以上に
出来る様になっていきます。

 

 

 

マーケティングというモノが
売上アップ、目標達成の
唯一の答えと考えがちですが、

もっと違う所に達成の為の答えが
ある様に僕は思っています。

 

マーケティングは、
あくまで1つの方法です。

 

 

 

もしあなたが目標達成が
いまいちな感じなら、

今回の様な自問自答を
してみる事も良い機会に
なると思います。

 

 

 

と言う事で、
今日も良い1日をお過ごし下さいね!!

 

 

——————————————————————
★お試しコンサルティング★

初めてコンサルティングを
依頼される方は、

お試し価格の2時間3万円(税別)で
承ります。

お申込はコチラから。
info@genkibiyoushitsu.com
——————————————————————

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
【美容室経営者限定】

仕組み化した収益モデルを作る為の
7回の無料動画セミナーはコチラ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

美容室高収益仕組み化研究会

マーケティングコンサルタント
林田康裕

 

 

 

関連記事
カテゴリー