【美】お客さんとしての経験の活かし方 | 美容室高収益仕組み化研究会
2017-06-30

【美】顧客側経験の活用例

 

林田です。

 

 

とある高速のサービスエリアの外の
売店にて。

今週水曜日の話です。

 

 

 

店員
「おやき、いかがですかー?」
「甘くないおやきですよー」

林田
「(心の声)甘くない?ん?」

 

店員
「ナスのおやきと、
 エンドウ豆のおやきが今日限定です」

店員
「運転しながらも食べれるし、
 家で待っている方にも珍しさで
 喜ばれますよー」

 

林田
「いくらですか?」

店員
「1こ200円です」

 

林田
「じゃあ1個下さい」

店員
「3つなら500円ですよ!」
「3つの方が得ですよ」

林田
「えー・・・」

 

 

店員
「3つ、ミッツマングローブですよ!」

 

 

林田
「やられた、じゃあ3つ買いますw」

 

 

 

と言う事で、
見事に3つ買わされました。

 

 

この店員さん、
接客が上手ですよね。

 

 

「ヒトは感情でモノを買い、
 買った自分を理屈で正当化する」

をまさに体感した瞬間でした。

 

 

 

実際のところ、
僕は小腹が減っていたので

1個おやきを買えば
満たされる状態でした。

 

 

まず最初に

「甘くないおやき」

という意外性でアピール。

 

「ん?」と視線がそっちに行きました。

 

 

いわゆる、キャッチですね。

 

で、多様性についても
話されていました。

 

・今すぐ食べる用
・移動しながら食べる用
・珍しいので、お土産用にも最適

 

 

そして極め付け。

 

しょーも無いギャグかもしれませんが、

ミッツマングローブw

 

 

「クスッ」となりはしましたが、
別にこのひと言で3つ欲しくなった
訳ではありません。

 

 

 

POPでもDMでも、

笑わせるというのは
1つの手法です。

 

 

何故かというと、

人は日頃、ストレスも抱え、
楽しみを求めているから。

 

 

あなたは僕のように
おやきを3つ買うかどうかは
分かりませんが、

いざ、
目の前でショートギャグを
言われたら、

買う可能性も高いかもしれません。

 

 

 

店販とか、オプションメニューとかの
アプローチにも使えるのでは!

と思ったのは僕だけでしょうか。

 

 

 

どんな職業であっても、

プロの経歴が長くなると
お客さんの欲求が見えなくなる事は
多々あります。

 

 

お客さんは何を望んでるか?

と聞かれると、

髪に関する事をメインで
考えてしまうかもしれません。

 

 

でも、そこから一歩引いて、

「日常生活で何を望んでるか」

と考えると、

提供する情報、サービスの幅は
変わっていくのではないでしょうか。

 

 

笑いもその1つだと僕は思います。

 

 

 

「あそこの美容室に行くと
 いつも楽しい」

「私の普段の悩みをとても
 真剣に聞いてくれる」

この様な事も大切な要素だと思います。

 

 

ちょっとしたお客さんとしての経験。

 

もっと商売に生かす方法は
あると思います。

 

 

 

と言う事で、
今日も新しいチャレンジ、

小さな事でも1つ、
心掛けて下さいね!!

 

 

あと、
下記のセミナー。

 

★この様な方々に申込み頂いてます★
・士業系の方(複数名)
・〇〇を対象にした起業塾の方
・塾講師の方
・小規模店舗ビジネスをされている方
・コンサルタントの方

 

なかなか面白いセミナーに
なりそうです!!

 

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇● 
【見込み客獲得から高額契約の流れを作り、
 年収1000万、2000万へ】 
https://peraichi.com/landing_pages/view/11hye
〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇● 

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
【美容室経営者限定】

仕組み化した収益モデルを作る為の
7回の無料動画セミナーはコチラ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

美容室高収益仕組み化研究会

マーケティングコンサルタント
林田康裕

関連記事
カテゴリー