【美】勧める抵抗を減らす! | 美容室高収益仕組み化研究会
2017-07-17

【美】勧める抵抗を減らす!

 

林田です。

 

今日は徹底的にホテルで
こもりっきりで仕事しています。

 

 

今日は、

「勧める抵抗を減らす」

と言う事についてのお話です。

 

 

 

成約率の高い勧め方として
最も有効なモノは、

直接勧める、と言う事ですよね。

 

これに勝てるモノはありません。

 

 

でも、勧める時って何らかの
抵抗を持ってしまうモノです。

 

 

ココでしなければいけないのは

「逆算」ではないでしょうか。

 

 

例えば、

「購入する」と言う事が
ゴールだったとすると、

・そのメニューの存在を知る
・興味を持ってもらう
・・・

などなどありますが、

そもそも、

「興味がありそうかどうか」

を知りたいと考えると思います。

 

 

いきなり勧めるとなると、

抵抗を持つ事もありますよね。

 

 

では、その前に、
そのメニューの存在自体を
伝える作業は出来ているでしょうか。

 

 

カンタンに出来るのは、

POP等による、
見える様にする、と言う事ですよね。

 

 

で、これだけであれば、
反応が分かりません。

 

 

まず、誰もが分かるのは、
そのPOPを見てるかどうか。

 

見ている人の中には、
興味を持っている人、
興味を持っていない人がいます。

 

 

この状態を放置していると
とても勿体ないですよね。

 

 

そのPOPを見ていた人に
興味があるかどうかを聞く。

これなら何という抵抗も無く
勧める為の第一歩は出来ると
思いますが、どうでしょうか。

 

 

興味が無い人に勧めると、
押し売りになります。

興味があるかどうかを
確認しなければ、

不要なモノを勧める事になります。

 

 

まずは興味があるかどうか。

これなら、確認は出来ると思います。

 

 

単純な話ではありますが、

大切なのは、
「出来ているかどうか」
「続けられているかどうか」

だと思います。

 

 

美容室のメニューを改めて
見る人はほぼいませんし、

まずはお客さんにそのメニューの
存在を見せる事。

 

 

何でも、段階があります。

 

売りたいけど売れてない、
と言うメニューがあるなら、

「存在を伝えれらてるかどうか」

からスタートしていくと、
シンプルになっていくと思います。

 

 

売れていないけど、売りたいモノ。

 

まずはお客さんにその存在を
改めて伝える事をやってみて下さいね。

 

 

 

それでは今日も良い1日を
お過ごし下さいませ。

 

【オススメ】
お客さんから、
「何コレ?」と声が掛かったら、、、
勧めやすいですよね。

そんな風になりたい方は
コチラ

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
【美容室経営者限定】

仕組み化した収益モデルを作る為の
7回の無料動画セミナーはコチラ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

美容室高収益仕組み化研究会

マーケティングコンサルタント
林田康裕

 

関連記事
カテゴリー