2017-07-26

【美】顧客の価値の感じ方

 

林田です。
(知ってますよね笑)

 

今日は、
「顧客の価値の感じ方」
についてお話させて頂きます。

 

 

先日、
とある美容室経営者さんから
ブログの書き方について相談が
ありました。

 

「書く事が無い」

という、
よくあるお話です。

 

 

この方、
素晴らしいブログばかり
書かれていて、

逆に僕はマネ出来ないなぁ~と
感じました。

 

 

この方が持っている知識をフルに
アウトプットし、

勉強もしまくっています。

 

でも、
あまり反応が無いそうです。

 

 

あなたはなぜ、
このブログに反応が無いと
考えますか。

 

 

 

お客さんが望んでいる事、

どんな事があるでしょうか。

 

 

この質問をすると、

・髪のお手入れ方法
・痛みを回避する方法

などなど、

専門知識的な事ばかりを
考えてしまいがちです。

 

 

でもですよ。

 

お客さん軸になって考えると、
もっといろんな事を考える事が
出来るのではないでしょうか。

 

 

たとえば、

OLのお客さんが対象だとします。

 

 

そのOLのAさん、
日頃は何を求めているでしょうか。

 

髪に関する事ばかりを
聞きたいと思っているでしょうか。

 

 

人によっては、ですが、

日々の仕事のストレス、
人間関係の悩み、など、

色んなお悩み事があると思います。

 

 

と考えると、

ひょっとすれば、、、

日々の「笑い」「楽しみ」が
不足しているのかもしれません。

 

 

ニュースレターなんかでもそうです。

 

専門知識的な事ばかりを
書かれても、

見る気になるでしょうか。

 

 

チョットした笑いや楽しみを
ブログに書いたり、

あなたの家族の出来事を書いたり、

これでも十分に価値があると
思いませんか。

 

 

僕の経験談で言うと、

チョット前まではフェイスブックで
真面目な事ばかり書いていました。

 

 

でも最近は、
アホな事、ショーも無い事を
書いていると、

やたらと友達申請が来ます。

 

 

スゴイ人、と言うよりも
親しみを感じる人、と言う風に
捉えられたのかなと感じています。

 

 

専門職あるあるとして、

「知識を提供しなければならない」

と強く思いすぎている、と言う事だと
僕は思っています。

 

 

そもそも、
お客さんはあなたを求めて
来ています。

 

 

あなたにはまだまだ価値が
あるはずですし、

親近感の湧く人であれば
「行ってみようかな~」
と思う人もいるかもしれません。

 

 

 

自分がどう見られているか。

 

コレは商売をしている限りの
永遠の課題かもしれませんね。

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいね~!!

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
【美容室経営者限定】

仕組み化した収益モデルを作る為の
7回の無料動画セミナーはコチラ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

美容室高収益仕組み化研究会

林田康裕

 

関連記事
カテゴリー