2017-08-18

【美】テスト

 

林田です。

 

今週の土曜日までに
一つの目標を掲げていて、

その活動に一点集中しております。

 

 

目標も言語化し、
さらに数値化する事(定量的目標)。

 

これがあると、
自分のゴールが明確になり
日々の行動、1日内の時間振り分けも
バチッとなってきますね。

 

 


 

【被害者意識とテスト】

 

僕が相談を受けるときに
意外と経営者さんでもよくある
お話です。

特に個人サロン経営者さんから
多く寄せられるご相談かもしれません。

 

 

人はカガミだ、とよく言われます。

 

「こう思われたら」
「価値提供として十分か」
「コレは高すぎではないか」

と、売り手側の立場において
こう思っている方は少なくはありません。

 

この様な事を思ってる人は、
いざ売り手側の立場においても

「うわ、売られるわ」

とおもっちゃうモノです。

 

この感覚を持っていると
正々堂々と請求する事、
勧める事が出来なくなります。

 

 

売込みされる時に

「他人から奪われる」

と言う言葉が頭の中の
キーワードとしてあるなら、

残念ながら売り込む時でさえも
へっぴり腰で勧めちゃうので、

お客さんが「売られる」と
解釈してしまうモノです。

 

 

この様な事が起こる時って、
いきなり利益、売上を追求しようと
している事があります。

 

 

チョー当たり前の話ですが、

「テスト販売」と言う段階を
入れる事でこの様な思考が
解消される事が多くあります。

 

 

売り手は価値提供する訳で
まずは買い手であるお客さんが
どれだけの価値、喜びを得てくれるか、

このステップをすっ飛ばしてしまい
いつまで経っても二の足が出ずに
売れないままの状態が続く事もあります。

 

 

僕が常に意識しているのは、

「常にテストである」

と言う事です。

 

 

本番は無し。
今日やる事、これからやる事も
常にテスト。

 

こう考えて行くと
行動が途端にメッチャ軽くなったり
します。

 

 

勧め方もテスト、
価格設定もテスト。

 

テストと解釈すると、

「今後の本番の為のテスト、練習だ」

と捉える事も出来ます。

 

 

自信を持って勧められない
モノがあるなら、

テスト回数、練習回数が
不足してるかもしれません。

 

 

あなたのお客さん、
何に価値を感じていますか。

まずはコレを知らなければ
積極的に勧める事さえも
出来ないままになります。

 

 

僕のクライアントさんの体験でも、

「この施術の価値は〇〇だ」

と思っておられましたが、

いざお客さんに勧めてみると
違う所に価値を見出してくれた
と言う事もあります。

 

 

売り手と買い手の価値感は違うモノ。

それを知る為には、
テストの繰り返しが大切ですね。

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいね~。

 

————————————————————

【無料レポート】
★成果が上がらない時の7つの共通点★
http://ltv-design.com/report

————————————————————-

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
【美容室経営者限定】

仕組み化した収益モデルを作る為の
7回の無料動画セミナーはコチラ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

美容室高収益仕組み化研究会

林田康裕

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー