2021-02-25

行動を一歩前に進める方法

 

美容室高収益仕組み化研究会の林田です。

 

行動できる人とできない人の違いと、
行動を一歩前に進める方法について
今日はお話したいと思います。

 

 

シンプルに言いますと、

「行動できない人はゴールが遠い」

「行動できる人はゴールが近い」

という事です。

 

 

まず、行動できない人について。

 

行動できない人の思考メカニズムは、

・こんな風にしたい
・どうしたらそうなれるかな
・これなら可能性がある
・でも、これをやり続けたからと言って
ゴールにたどり着けるイメージが沸かない

という感じです。

 

要は、

「最終のゴールまでの道のりが明確に
見えなければ動けない」

という感じです。

 

 

いっぽう、行動できる人について。

行動できる人は、

・こんな風にしたい
・どうしたらそうなれるかな
・これなら可能性がある

ココまでは同じです。

 

そして、違いはここからです。

「絶対的な正解がある訳じゃないし
まずやってみよう」

「やってみながら改善していけば
やがて明確になっていく」

という感じで、

【行動できる人というのは『正解』が
ないという事を理解している】

って事です。

 

言い換えると、方向的にはOKなら動く。
そんな感じかもしれません。

 

 

極端な話で言いますと、

「やらないよりやる方が良い」

ですし、

「同じことをやり続けるよりも
反応を見ながら微調整をしていく方が
より成果に繋がりやすい」

という感じで、

【正解を出そうとしているのではなく
『打率』を上げようとしている】

という事でしょう。

 

 

まずはバッターボックスに立つ事。

そして、少しずつでもいいから
打率を上げる事。

 

 

バッターボックスに立つ前に
打率を上げる事はできません。

 

と考えると、
やはり一歩目の行動に集中する事が
もっとも動きやすくなる考えだと思います。

 

 

 

大きなゴールを見すぎずに、
一歩目だけにフォーカスする。

 

 

もし、動きたいけど動けないという事が
何かあるなら、
一歩目だけを考えてみると何か変わるかも
しれません。

 

というお話でした。

前に進むのみですね!

関連記事
カテゴリー