コツコツ続けるのが苦手・・・ | 美容室高収益仕組み化研究会
2021-04-02

コツコツ続けるのが苦手・・・

美容室高収益仕組み化研究会の林田です。

 

メルマガ、ブログ、ニュースレターなど

「長く続けたら成果が出そうだけど
すぐ成果が出ないから継続できずに
やめてしまう・・・」

みたいな感じで、

コツコツ続けるのが苦手な方へ。

 

 

—————————————

・コツコツ続けられる/続けられないの
境目は明確にある

・この境目を乗り越えた人が
コツコツを継続できる

—————————————

という話です。

 

 

全然関係ない話に聞こえるかも
しれませんが、
僕は筋トレをほぼ毎朝やってます。

 

4時前に起き、
4時半にスポーツジムに出発。

1時間ほどやってます。

 

仕事は筋トレ終了後にシャワーを
浴びてから、ですね。

 

 

 

僕はとにかく肩が細いので、
肩だけの日も設けて徹底的に
筋トレをしています。

 

 

肩に特化して筋トレを開始して
半年間。

全くと言ってよいほど、
ぜんぜん肩が大きくなりません。。

 

やっているのに成果が出ない。
これほど苦しいものはありません。

なんなら、
肩の筋トレの日は行くのが憂鬱で、
二度寝した事も何度もあります。

 

 

肩はなかなか大きくならないのか…

と思っていたのですが、
先日、とある春用のジャケットを着たら
肩がパンパンになっていたんです。

 

どうやら、
少し肩が大きく成長している様です。

毎日カガミを見ているので、
日々の小さな変化に気付く事さえ
なかったんでしょう。

 

 

という風に、

【自分の小さな成長を感じる瞬間】

もしくは、

【ほんの小さな成果が出る瞬間】

を体感すると、
コツコツやってきた事の大切さを感じ
継続する事ができます。

 

例えばですが、

・来店時にブログ記事に関する感想を
何かもらった

・ニュースレターに書いている事が
来店時の話題になった

なんかでもいいと思うんです。

 

 

自分がやっている事に対して価値を
感じる「小さな瞬間」を作る。

この体験をした人はコツコツを
継続できます。

逆に、続けられない人というのは
あと少し先に成果が待っているのに
この小さな瞬間をむかえる前に
辞めちゃうんですよね。

メチャクチャもったいないです。

 

 

 

「量質転化」

という言葉があります。

最初はたくさんの量をする必要が
あるけど、
やり続けているとやがて質が上がり
成果が急激に加速していく。

そう言う意味です。

 

何かしらにおいて、
この様な経験をした事はあるのでは
ないでしょうか。

 

 

コツコツが継続できない方は、
あと1歩、2歩先にかならず成果が
待っていると信じ、

あと1回、2回と自分を信じて
ぜひ続けて頂きたいです。

 

少なからず、
競合(仲間)の意見は参考になりません。

 

周りがやっていないからやる。
周りがすぐやめるから自分は続ける。

 

頭ひとつ出ようとするなら
この様な考えも大切だと思います。

 

 

という事で、僕は最近肩の筋トレが
楽しくなってきたので、
このままコツコツ続けようと思います。
(筋トレ仲間募集中です)

おしまい。

関連記事
カテゴリー