反応率が2倍以上になる伝え方 | 美容室高収益仕組み化研究会
2021-04-15

反応率が2倍以上になる伝え方

美容室高収益仕組み化研究会の林田です。

 

最近は、何かしらのサービスを
ご利用頂いている美容室経営者さんに
会いに行ってます。

 

対象となる方の意見を聞く。

意外と抜けちゃう事ですからね。

 

分かってるつもり、という、裸の王様。

売り手の経験からくる思い込みほど
ズレを生じさせるものはありませんね。

 

——————————————

【反応率が2倍以上になる伝え方】

AとB、
どちらの方が欲しくなりますかね。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

A、この万年筆はどこにでも字が書けます

B、この万年筆は、プラスチックやゴム、
ガラス、木材、鋼鉄、大理石、
発砲スチロール、コルク、陶器にも
字が書けます。

たぶん、Bの方が自分が買って使う
イメージが沸くと思います。

 

なぜかと言いますと、

「使っているシチュエーションが
より具体的にイメージできるから」

です。

 

「どこにでも」「いつでも」という、
パッと見で万人受けするような言葉。

実は抽象的すぎてイメージ不十分と
なってしまいます。

 

 

「サラサラになる」
「手間が省ける」

この様に言われても、

・いつ
・どこで
・どの様なシチュエーションで

というイメージが具体的に浮かびません。

 

ギシギシよりもそりゃサラサラの方が
いいけど・・・

という程度の欲求で止まっちゃいます。

 

 

いま店頭にPOPなどがあるなら、
もうひと息具体的な表現ができないか?
と考えてみても良いのではないでしょうか。

 

 

同じ商品だったとしても、

「シチュー」1500円、より、

「牛骨から72時間出汁を取り、
さらに2日間コトコト煮込んだ
濃厚〇〇シチュー」2000円、

の方が絶対売れますよね。

 

まあ、そんな感じです。
(どんな!?)

 

 

お客さんは理屈ではモノを買いません。

「あった方が良い」とか、
「〇〇が配合されていて…」は理屈です。

 

人はいつまでも感情の生き物ですね。

おしまい。

————————————————-

★アンケートにご協力下さい!★

今後の発信情報にも活用させて頂きたく
思っていますので、
ぜひアンケートにご協力くださいませ。
(匿名で対応しております)

 

頂いたご相談内容は何かしらの形で
ご回答させていただきますので。

https://24auto.biz/hayashida/registp.php?pid=12

————————————————-

関連記事
カテゴリー