自分の強みを知る方法 | 美容室高収益仕組み化研究会
2021-05-20

自分の強みを知る方法

美容室高収益仕組み化研究会の林田です。

 

自分の強みを客観的に知る事は
なかなかむずかしいですよね。

 

でもこれさえ分かったら、
広告などのメッセージが大きく
変わってきます。

 

 

 

強みが分からないとき。
そんな時はお客さんに聞く、
これが一番です。

 

 

この様にお客さんに聞いてみると、
自分の強みを一般的なことばで
理解することができます。

 

「もしウチの店をお友達に紹介するなら
どんな店だと紹介されますか?」

 

何のヒネリもない質問ですが、
これも意外とお客さんに聞いてない事だと
思います。

 

 

 

くどい話ですが、
答えはお客さんが持っていることが
大抵です。

 

分からなくなっている時は、
自分ひとりで考えている時です。

 

 

ピーター・ドラッカーも、

「顧客と市場を知っているのはただ一人、
顧客本人である」

と言ってます。

 

 

迷えば、聞いてみる。

新たなサービスを考えたいときも
お客さんに聞いてみる。

 

 

お客さんに聞く習慣を持つことって
最強の取り組みだと思います。

 

 

「ウチの店ってどんな店ですか」
「以前行ってた店と何が違うんですか」

質問の角度を少し変えるだけで、
たくさんの答えを教えてくれます。

 

迷った時、ぜひやってみてくださいね。

ではっ!

関連記事
カテゴリー