やる気が出ない時の対処法 | 美容室高収益仕組み化研究会
2021-06-11

やる気が出ない時の対処法

美容室高収益仕組み化研究会の林田です。

 

先日、メガネを拭いていたら
メガネがガタガタと緩んでしまい、
壊れちゃいました。

修理できないようです涙

今日は大阪に行くので、
ついでに買ってきます。

 

 

顔まわりの物はソコソコのものを
使いなさい、多少無理してでも。

僕の恩師がそう言ってました。

 

 

理由を明確には理解してませんが、
「仕事を生むから」との事でした。

 

ちょっとだけ分かってきた気もします。

 

 

次回の動画では24金のメガネを
かけてるかもしれません笑

 

——————————————–

 

【やる気が出ない時の対処法】

自分の事を良い様に言ってるような
話になっちゃいますが、

僕は一度お付き合いが始まった方とは
とても長いお付き合いになります。

 

コンサルタントとしての契約が
5年、6年と続く事がほとんどです。
(平均は1年弱らしいです)

 

 

 

お取引を長く続けてくれる。

理由はいろいろあるんでしょうけど、
僕が1つ、自分で把握している理由が
あります。

 

それは、

【変化に敏感に気付くチカラ】

です。

 

 

経営者あるあるな話ですが、
経営者というのは定期的に気持ちの
浮き沈みが起こります。

特に、
手掛けた事がすぐ実現できちゃう方は
そのサイクルが非常に早いです。

 

 

 

商売を続けていると、
開業当初の目的が少しずつ変化します。

早い人なら、3か月や6か月周期で
やりたい事、モチベーションの材料が
変わるもんです。

 

気が付けば、
最初の頃の目的とは完全真逆になる事も
あります。

 

そうなれば、

【今までと同じ行動をつづけていても
気持ちが維持できない】

という状況になっちゃいます。

 

 

——————————————-

なぜ変化するのか?

——————————————-

私たちの脳は、
常に刺激を求めようとしています。

 

なので、
実現できていなかった事が
実現できる様になると、飽きます。

そして新たな刺激を求めます。

 

 

ただ問題なのは、

【次に何を求めているか分からなくなる】

という状況になりがちな事です。

 

 

 

僕と契約を長く続けていただいている
経営者さんを端的に表現しますと、

「ステージが高い方」です。

 

目先の収益などにつきましては
既に満たされている状況になられ、

次はどうなりたいのか?を
ごいっしょに共に早く整理をします。

(自分では気が付けない思考の盲点を
ご提示させて頂く事もあります)

 

そうする事により、
さらなるやりがいであったり、
次に実現したい事であったり、と、
常に次なるゴールを設定できます。

なので精神面も経済面も良い状態を保てます。

 

 

 

 

ひとりで商売をしていて厄介なのは、
やって行きたい方向性というモノが
常にビミョ~に変化し続けている事です。

 

仮にその変化に自分で気づいたとしても
そのモチベーションが続かなくなります。

 

 

 

 

実際のコンサルティングにおきましては
僕は「360度ヒアリング」という事を
行っています。

 

全貌をお伝えする訳にはいきませんが、
やる気が出ない時のカンタン対処法としては、

・過去、どんな事が起こった(実現した)時に
やる気が出ていたかを書き出してみる

・それらを時系列で並べてみて、
どんな変化が起こっているか観察してみる

・もしお金がまったく必要ない生活なら
何をするだろうか?を考えてみる

こんな事をやって行くのもアリだと思います。

 

 

 

 

やる気が出ない時というのは、
あって当然です。

常にモチベーションが高い人なんて
いません。

 

ただ、やる気のない時期、いわゆる
気持ちの谷間の時期をいかに短くするか。

それが精神状態をより良い状態に維持する
ポイントだと思います。

 

 

 

・ワークライフバランス
・意図、目的、目標のズレ
・ご自身の信念
・環境の変化
・他者貢献の感覚
・提供する量と見返りの量のズレによる違和感

潜在的な思考レベルではやりたい事が
変わっているのに、行動が変わってない。
もしくは、その変化に気付いていない。

 

上記のどこかにその要素があるかも
しれないので、

一度立ち止まって見直してみるのも
良いと思います。

 

 

 

長くなりました、すいません汗

今日も楽しくいきましょう!

 

関連記事
カテゴリー