手を止める事 | 美容室高収益仕組み化研究会
2015-09-07

手を止めること

今日は朝からオフィスに引きこもりっぱなしです。
何をやっているかというと、ブログサイトの制作です。

もともと、動き回っていないと落ち着かない性格なので、
事務所にこもるのは、なんか気持ち悪いです。

 

実はそれだけではありません。

自分の業務を見つめ直す為にも、1日時間を取っています。

 

「1日のラクでバカな生き方」という事が本で紹介されていました。
悪い例としての紹介です。

 

人は、目の前の作業をこなしている方が落ち着く。
作業に必死になっている方が、不安な気持ちをごまかせる。

 

実際わたしもそうです。

やらなければならない事で一日過ごすと、脳みそは楽チンです。

 

でも、これは危険なのです。

 

「作業=ルーチンワーク」

「作業に追われる1日=明日の為の事を考えない1日」

 

になってしまいます。

 

・作業で過ぎる1日は、とてもラク。

・考える行為、自分と向き合う時間はとてもしんどい。

 

この違いは大きいです。

 

あれもこれも、今日は大変だー!と思っているときは、

大抵、作業に追われている1日でしょう。

 

今日1日の為だけの仕事です。

 

明日からの戦略の見直しの時間は一切取っていません。

 

毎日、昨日より成長しなければ、

お客さんは成長していってます。

しかも、間違えた知識も含めて。

 

施術を行う仕事や、私のような仕事は、

成長を止める訳にはいきません。

 

なぜなら、お客さんに教える事により、

お客さんのレベルが上がっていくからです。

 

そうなると、美容師としての権威性が弱くなり、

間違えたお客さんの知識を覆す事も難しくなります。

私もメルマガを書くことで、新たな知識・技術を得なければ、

と思えます。

 

と言いながら、昨日と違う今日を過ごすのは

とても難しいですよね。

 

私は昨日と違う今日を過ごす為にひとつの習慣をやっています。

 

 

関連記事
カテゴリー