自己改善の習慣 | 美容室高収益仕組み化研究会
2015-09-10

自己改善の習慣

和歌山のオフィスより

 

栃木が50年に1度の雨と言うことで、ニュースで取り上げられていました。
北関東は、気温が高かったり、大雨が降ったり、大変そうです。

私も2年前までは関東にいたので、他人事ではなく、みんな大丈夫かなあと思ってしまいます。

 

最近雨ばかりですよね。
まあ、涼しくなったから良い所もあったのではと思います。

大雨が降ると、お客さんの予約がキャンセルになったり、比較的時間が空く事もありますよね。

そんな時、あなたは何をしていますか。

 

以前にも紹介しましたが、私は毎日日記を書いています。

小学生の感想文ではなく、日々やらなければならない事を書いています。

 

書き方としては、

・今年中に達成すべき事を毎日書く
・今月中に達成すべき事を毎日書く
・今日中に達成すべき事を毎日書く
・今日の何時から何時までに何をしなければならないか、30分刻みで書く

これを繰り返しています。

 

不思議な事に、達成習慣が付いてきます。

最初は本当にザックリした日記でした。
しかし、継続していると、目標がどんどん明確になり、日々の業務が早くなり、時間の使い方がうまくなります。

そして、その作業をやっている時には、他の事は一切考えない。

毎日の効率がどんどん上がります。

 

何となく一日を過ごしていると、何となく一日が終わります。

経営者は孤独です。

これを読んでいるあなたには従業員がいるかもしれないし、一人で経営しているかもしれません。

ちなみに私はずっと一人です。

 

仲間は、共感できるお客さんです。

意欲の高い経営者さんと話をしていると、「自分はまだまだだな」と思わされてしまいます。

 

私は一人で仕事するにあたり、まずは自己管理能力を鍛えました。

次に、技術と知識を学びました。

 

一般的には、まず、サバイバル能力を鍛え上げる経営者が多く見受けられます。

でもこれをすると、困った時にはこのサバイバル能力に依存してしまいます。

 

そうなると、他の事を学ぶ事を怠ってしまいます。

 

お金を回す能力がすごい人も私の知人でもいます。

そんな能力、長期的に役に立てたいスキルとは私は思いません。

 

昨日よりも前に進むためには、今以上のスキルが必要です。

経営はスキルです。

 

センスでやり切ってしまう有名な経営者もたくさんいますが、私にはセンスがありませんでしたので、その分勉強をしています。

 

苦手意識を持っているスキルは、やがて得意分野になるといいます。

なぜなら、苦手を克服しようと意識し、改善しようと思うからです。

 

私は1週間に1回、自分自身の行動と結果を振り返ります。

そして、今自分が補わなければならないモノは何かを考えます。

 

これも日々の日記のおかげです。

 

日記、いいですよ。

 

「最初はみんな素人」

この言葉は、わたしが目指しているアメリカの賢者の言葉です。

 

今日は日記のオススメでした。

 

関連記事
カテゴリー