なあなあ、儲かる話あるで! | 美容室高収益仕組み化研究会
2015-09-20

なあなあ、儲かる話あるで!!

和歌山のオフィスより

 

今日は夜8時からお客さんの所に
行く予定なので、珍しくこの時間まで事務所にいます。

でも、本をゆっくり読める貴重な時間。

事務所の周りは木がいっぱいあるので、
秋らしく鈴虫の鳴き声が聞こえます。

快適。

 

私は約1年前、とても親しくしていた先輩と
縁を切る事になりました。

理由はいろいろありますが、
その先輩が
「儲かる話あんねん!」と
よく私に言ってきました。

 

元々は同じ会社の先輩と後輩。

そしてお互い独立し、
違う道を歩んでいます。

 

会社勤めの時と、
独立した時の人付き合いは大きく変わりますよね。

 

そして、その先輩が、
とにかく僕をいろんなビジネスに誘ってきました。

 

「儲かる話あんねん!」

 

別に怪しい話ではありません。
本当にお金になる様な話です。

私はその話に乗る事はありませんでした。

 

なぜなら、「ちょっとした発想」で
収益を上げようとしていたからです。

 

どういう事かと言うと、
「ちょっとした発想」で収益をあげられる事は、
誰でもマネが出来るという事。

上っ面をマネするだけで出来ます。

 

そうなると、
長期的なビジネスでは無いという事です。

 

たまに、
「何やったら儲かるの?」と
美容室経営者さんから聞かれる事があります。

 

私はこう返します。

 

「誰もしない、面倒な事をやり続けたら稼げます」

 

流行りもののツールなどを使って
新たな集客をしようと言う方は少なくありません。

でも、そんな安直な内容で、
仕組みの作り方を知らず、
表面だけ加工しても、
長期的に繁栄する仕組みを
作ることが出来る訳ありません。

 

どんな商売でも、どんな業種でも、
どんなお店でも必ず独自性があるはずです。

その独自性はあなたのパーソナリティかもしれません。

 

独自性を見つけ、それを強みの極みまで
行える様な施策も長期的に繁栄するかもしれません。

 

お客さんの入口を作り、
継続的に来店する為の仕組み、
流れをどうやって作るか、
それが一番大切です。

 

私は新規集客のサポートもしますが、
単発仕事ばかり依頼してくる方は、
申し訳ないですが私にとっては
単なるおいしいお客さんにすぎません。

 

大切なのは、全体の仕組みを作る事。

 

新規集客は一番お金が掛かります。

継続来店に力を入れる方が収益性が増し、
長期的にビジネスが成り立ちます。

 

 

関連記事
カテゴリー