クソ真面目なつまらない話 | 美容室高収益仕組み化研究会
2015-09-22

クソ真面目なつまらない話

林田です。

少し前から生活習慣を変えました。

今までは毎朝4時に起き、5時に家を出て事務所に。
事務所にて朝イチで日記を書いています。

30分単位でやるべき事を時系列に整理し、
休憩時間も含めた1日のスケジュールを
書いています。

この習慣を3カ月やり続けると、
「やり残し」がなくなります。

そして遅くても18時には仕事を終え、
再度日記を書きます。

今日達成できたかどうか、
今日何らかの自由で出来なかった事があれば、
明日のスケジュールに入れ込みます。

そして自宅に帰り、本を最低30分読む。

そして遅くても10時には寝る。

 

面白みの無い毎日ですよね。

 

そして生活習慣の何を変えたかと言うと、
起きる時間を3時半にし、
毎朝ジョギングするようにしました。

これも3カ月続ければ、体も慣れてきて
体力もつき、
体系維持も出来、
年齢に左右されない健康な状態になれるはずです。

 

さて、今日のお話ですが、
「新しい事」へのチャレンジです。

やろうと思っているけどやっていない事、
たくさんありませんか。

 

それは、それを本当にやろうとしていないからです。

そしてそれをやらないと効果は見えません。

ただやるだけではなく、継続性が必要です。

 

私は新しい事をやる時は、何も考えずにやります。

そして、やってみて、継続して、
効果を検証し、修正点を修正します。

ここの思考に感情はありません。

 

私の様なマーケティングの仕事では、
最初から100点を取る事は出来ません。

何の仕事も同じですよね。

ですので、まずテストし、検証し、
成果を研ぎ澄ましていきます。

 

でも全ての始まりは、
「やる」と言う事です。

習慣と感情は違いますし、習慣の中で
新しい技術も取り入れると、

新しい道が見えてきます。

「これをやっても効果が出ないかも」とか
「面倒だから」と言う理由でしないなら、

昨日までと同じです。

 

店頭POPを1日1個作るとかなら、
中学生でも出来るはずです。

もし、やらなくちゃという事が一つでもあるなら、
小さな事でも良いので今日からやってみましょう。

 

きっと習慣になり、新しい可能性が出てきます。

関連記事
カテゴリー