この言葉だけで反応が変化する | 美容室高収益仕組み化研究会
2015-09-30

この言葉だけで反応は変わる

笑顔は大事ですね。

いつも朝早く家を出て
事務所に向かうのですが、
事務所近くのコンビニで
コーヒーとパンを毎日買います。

 

2日に1回、笑顔満載の
ポッチャリなおばちゃん店員さんが
働いています。

 

私はいつも人に会う時は
満面の笑みで会っています。

 

コンビニでも同様です。

 

すると、いつものコンビニおばちゃんが、

 

「あんた、何の仕事してんの?」
とたずねてきました。

 

そりゃそうでしょうね。

ほぼ毎日同じ時間に来店するし、
いつも私服。

 

プータローとでも
思われていたのでしょうか(笑)

 

「私は美容室をはじめとした
 店舗ビジネスの売上アップの
 お手伝いをする仕事をしています」

 

と答えました。

するとおばちゃんが、

「私の息子、美容室やってるねん。
 行ってあげてよ!」

との事でした。

 

「コンサル」と言っても、
わからない人がほとんど。

 

「売上アップのお手伝い」というと、
おばちゃんにも通じたのでしょう。

 

これって、美容室のメニューも
同じことが言えるんですよね。

 

例えば、

 

「〇〇カラー」

と書いていても、
一般人は何の興味もわきませんし、
質問してくる事もありません。

 

「弱酸性の天然成分で髪にとてもやさしく、
 2倍長持ちするカラー」

 

みたいな表記をしていると、

「天然の成分って、なあに?」と
聞いてくる人がいるかもしれません。

 

大切なのは、
「お客さんにイメージを沸かせること」
です。

 

あなたはプロ目線で、
いろんなモノを見ていると思います。

 

でも、あなたのお客さんは、
あなたのメニューを見ても、
その価値が全く分からないのです。

 

大切なのは、商品の説明ではありません。

 

そのメニューを受けると、
どんな良いことがあるのか、

 

これをお客さんは知りたいのです。

 

 

まずは興味を持たせる事。

「心が動かない限り、ヒトはモノを買わない」

 

これが人間心理の鉄則であり、
100年以上前から変わっていないと
言われています。

 

メニュー名を見直すだけでも
お客さんの新しい反応が
出てきます。

ぜひチャレンジしてくださいね。

関連記事
カテゴリー