SNSの位置付け@美容室 | 美容室高収益仕組み化研究会
2015-10-20

SNSの位置付け

いきなりですが、
SNSはやってますか。

facebookをやっている
美容室は少なくありません。

 

でも、facebookを含むSNSには、
明確な目的があります。

 

それは、

「お店の信頼を得る事」

です。

 

美容室で出来る施術等を紹介し、

「あっ、こんなに髪が痛んでいる人も
 キレイになるんだ」と、

facebookを見ている見込み客を
自分と照らし合わせ、美容室での
可能性を感じさせる事が出来ます。

 

でも、だからと言って、
SNSは集客の核にはなりません。

 

なぜなら、
SNSは「構え」の一つだからです。

 

実際には、美容室のSNSを見て
来店するお客さんも多くいると思います。

 

ですが、SNSは、
広告とは違うのです。

 

世の中には、
3つのメディアがあると
言われています。

 

①購入するメディア

これは、例えば、
インターネット広告や、
オリコミチラシや、
ホットペッパービューティ等、
お金を払って広告を出すメディアの事を
言います。

 

このメリットは、
お客さんがいる所に、自分が選んだ所に、
広告を出せるという事です。

 

あえてデメリットを言うなら、
広告を管理している側が付けた価格を
そのまま受け入れなければならいという事です。

 

この購入するメディアを使うなら、
複数使う必要があります。

 

なぜなら、
1カ所のみの集客法に依存していると、
そこが急に値上げをしてきても、
その媒体をやめる訳にはいかないからです。

 

 

②信用を得るメディア

具体的には、
SNS等を指しています。

 

ここで出来る事は、

「お客さんからの信頼を勝ち得る事」

です。

 

これは中・長期的な施策です。

メリットは、お店をさらけ出すことで、
見込み客がお店を信頼してくれると
いう事です。

 

デメリットは、
短期的な結果が出てこないという事です。

 

①の購入するメディアは、

短期的な結果を生むことができるので、
いわば、ミサイルの様な物です。

 

②は、要塞の様なイメージです。

 

 

③自社所有のメディア

実はこれが一番大切です。

 

何かというと、

「顧客リスト」

の事です。

 

自社で所有しているので、
お金を掛けずに宣伝可能です。

 

さらには、既にあなたのお店のことを
知っているお客さんなので、
売り込みに対するハードルが低く、
反応率はとても高くなります。

 

という事ですが、
自社所有のリストに案内をする事、
何かやってますでしょうか。

 

顧客単価や来店頻度を上げるには、
この③の作業は必須です。

 

そして、その③の事をやるために、
どんな媒体が一番良い反応が出るか、
テストをする必要があります。

 

この③の案内にも、2種類あります。

 

まずは、失客からの復活です。

そしてもう一つは、上記に書いた、
顧客単価・来店頻度アップです。

 

あとはどんな媒体で、
その案内を行うか、ですね。

 

 

実は、あの大手のamason.comですが、
2011年頃から、力を入れている
媒体があります。

 

 

それは、、、

実はDMなのです!

 

あのネットの大手がですよ。

なぜDMなのでしょうか。

 

 

それは、

最も反応が出る媒体だからです。

 

 

DMは、

個人あてにしっかりと届けられます。

 

新規顧客にDMでの反応を取るのは
とても難しいですが、

既存顧客からの反応と取るのは
比較的カンタンです。

 

 

でも、コマメにDMを使っている
美容室は、正直なところ、
あまり聞いた事がありません。

 

 

答えはカンタン。

面倒くさい!からです。

 

 

世の中には、いろんな業種がありますが、
成功している店舗はきまって、
「面倒な事をやり続ける」事で、

大きな結果と成功を生んでいます。

 

アメリカのマーケティングの権威たち、
そして日本でも有名な戦略家は、

「DMは最高のツール」

と言っています。

 

 

DMを発送するのには、

一つの人間心理が働きます。

 

 

「ザイオンス効果」というものです。

 

 

今日は説明しませんが、

お時間があったら是非調べて見て下さい。

 

 

私がまず、新しい美容室さんとの取引が
始まったときは、

必ずDMから始めます。

 

理由は、一番反応が出るからです。

 

DMは1件52円。

費用もさほど掛かりません。

 

新メニュー案内や、
顧客単価アップのために、

一度DMをトライしてみて下さい。

 

※反応が出るDMを作るのが面倒で、

半年以上の失客100名にDMを出し、

28名帰ってきてくれた

DMを出したい方はコチラ。

 

 

 

関連記事
カテゴリー