今日のチョイ足しメニュー | 美容室高収益仕組み化研究会
2015-10-25

今日のチョイ足しメニュー

今日のタイトルは、
実はほかの業種で使われていた、
顧客単価アップのPOPです。

 

どんな業種かというと、
実は、ペット美容室です。
トリミング店、という業種ですね。

 

何をやっているかというと、

「予約なしでも出来るオプション」

です。

・シャンプーのグレードアップ
・肛門腺しぼり
・~~バブルバス

こんな具合でした。

1メニュー、1000円プラスです。

 

美容業界にいると、
ほかの業種からヒントを得ようと思っても、
なかなか目が向かないものです。

でも、地域雑誌の飲食店とか、
アロマテラピーの広告とか、
結構パクれるものがあります。

 

メニュー名等は、うまく活用できるものが
よく出ています。

 

そして今日ご紹介の、
「今日のチョイ足しメニュー」ですが、

これは美容室でも使えますよね。

 

例えば、スタイリストではなく、
アシスタントが10分~20分位で
出来るものであれば、
対応も出来るのではとは思います。

土日等は難しいかもですが、
鏡の、お客さんの目線よりも
少し下あたりに、
対象メニューのPOPを書いて、
貼っておくだけです。

 

POPというのは、
直接的な売り込みではないので、
お客さんもイヤな気分にならず、
見てくれます。

そして、興味のあるお客さんは
それに対して質問してきたり
してくれます。

となれば、
興味を持っているお客さんと、
興味を持っていないお客さんとの
識別がカンタンにできます。

 

聞いてくる=興味がある

という事ですから、
少し背中を教えてあげれば、
注文に至る可能性は高いです。

 

改めて理解しなければならないのは、

お客さんは、あなたの美容室ののメニューを
全部理解していないという事です。

何気に、メニューは見ていても、
それが何なのか、わかっていません。

 

POPは、キチンと書けば、
顧客単価アップに大きく貢献します。

 

そして、絶対にやってはいけないのは、

「お客さんを飽きさせる事」です。

 

いつも座る椅子の周りが、
前回来店した時と同じなら、
お客さんは何も興味を示しません。

 

そして、飽きさせない様に出来るのは、
お金のかからない、POPなのです。

 

POPは販売の基本の基本です。

 

色々と試してみて、
よい結果が出れば、それを続ける。

ダメなら、少し変えて、
再度チャレンジ。

 

これの繰り返しです。

 

ぜひチャレンジしてみて下さい。

たかがPOPと思うかもですが、
POPの紙代位なら、投資はカンタンでしょう。

 

なんでもまず、やってみる事です。

関連記事
カテゴリー