やってもうた・・・ | 美容室高収益仕組み化研究会
2015-10-31

やってもうた・・・

美容室オーナーさんから、
「やってしまった!」という
お話です。

実施した後にお会いし、
この事について伺った事です。

 

彼の目的は、
「新人スタッフにお客さんを付ける事」
「新人スタッフのリピート率を上げる事」

この2つです。

そして、地元地域雑誌に広告を出しました。

内容は、
「A(スタッフ名)か、Bを指名してもらうと、
 全メニュー20%OFF」です。

 

反応は・・・

どう想像されますか?

適度な自己紹介を入れ、
ニコニコしている新人スタッフさんが
広告に出ていました。

 

月刊の地元紙なので、
実質の有効期間は1カ月というところです。

新規来店された方は、わずか。

 

何がいけないでしょうか?

 

まず、一つ目の問題点は、
「どんなお客さんに来てほしいかわからない」
という事です。

 

お店のオリジナルメニューの訴求等であれば、
それを求めているお客さんが来るでしょう。

 

でも、今回の広告は、
「安さ」しか謳っていないのです。
新人スタッフを指名すれば値引き。

新人スタッフの強みはどこにも出てませんし、
ただの安売りにすぎません。

安売りをすると、質の悪いお客さんが
訪れます。

質の悪いお客さんは、
店を離れるのも早いですよね。

そうなると、新規集客の
意味がありませんよね。

 

広告を打つときには、
まず、目的を決める事。

新規に来てほしいのか、
それとも、既存顧客への新メニュー案内なのか。

 

このとき大切なのは、
「ペルソナ」と言われるものです。

「ペルソナとは」というキーワードで、
ネットで調べて下さい。

対象顧客の人物像を決めるという事です。

 

今回のチラシは、ペルソナを決めることなく、
こちらからの一方的な訴求のみです。

顧客目線ではなく、お店目線でしかない。
ペルソナを広告ごとに、決める必要があります。

 

カットをするお客さんと、パーマをするお客さんは、
目的が違います。
目的が違えば、ペルソナも違います。

 

ペルソナは、お店の強みを打ち出す際には、
必須です。

この機会に、ペルソナマーケティングというものを
ぜひ学んでみてください。

 

 

関連記事
カテゴリー