スタッフ成功事例を再現する方法 | 美容室高収益仕組み化研究会
2015-11-14

スタッフ成功事例を再現させる方法

商売をしていると、
たくさんの失敗と、
たくさんの成功が
あると思います。

 

そして、失敗した時というのは、
「なぜ失敗したんだろう」と
おのずと考えるので、
失敗の原因をある程度明確に
追及する事ができ、
その失敗を繰り返さないように
するものです。

 

でも、成功した時というのは
その成功を振り返ろうとは
なかなかしないのは人間心理として
あります。

 

なので、成功した時は、
成功した理由が明確にわからないまま、
また次の新しい事を手掛けてしまったりも
してしまいます。

 

今日は経営者向けの直接的な話ではなく、
あなたのスタッフについてのお話です。

 

成功した時に褒めてあげたりすることは、
日常からやっていると思います。

 

そして成功したスタッフは、
とても良い気分でしばらく仕事してくれます。

 

例えばで言うと、
今まで店販商品を販売したことのない
お客さんに販売することが出来た、等です。

 

このときに重要なのが、
「なぜ売れたの?」
「なぜうまくいったの?」と
質問を投げかける事なのです。

 

そうすると、本人はその成功を
振り返って考える様になります。

 

「ん~~」と考えているなら、
本人が次の言葉を発するまで、
こちら側から一切話してはいけません。

 

内省的になっている時は、
とても重要な時間なのです。

 

そして、そのスタッフが、
「~したからだと思う」と
言葉に発すると、完了です。

 

 

「言葉は、発した本人に最も作用する」

 

経営者というのは、

自分の考えを押し付けようと

してしまいがちです。

 

しかし、経営者側の言葉となると、

あなたが10の事を伝えるために

20、30位の事を伝えるように丁寧に話しても、

実際は、2か3程度しか伝わりません。

 

本人に話させることで、いとも簡単に

10近くの事が理解してもらえるようになるのです。

 

そもそも、スタッフと経営者というのは、

目指しているゴールが違うので、

同じ言葉だとしても、解釈の仕方が

全く違うのです。

 

ですから、本人に言葉を発してもらう事で、

自分の言葉で頭を整理し、

自分の成功事例とその成功したマニュアルを

積み上げさせていくのです。

 

いかがでしたか。

 

一度参考にお試ししてみてくださいね。

関連記事
カテゴリー